スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
掃除機
母が新しく掃除機を買った。
それまでのは本体もノズルも重たく使いにくかった。
私には重たすぎで全く使えなかった。
だから、自分の部屋の床掃除はクイックルワイパーのみ。(母に、部屋の中はノータッチにしてもらっています。)
新しい掃除機はコンパクトで軽量。
母は「軽くて使いやすい」と御機嫌。
スイスイ動かす母を見て、そんなに軽いなら私でも使えるかも。
母からも、これなら大丈夫よ。とお墨付き。
使ってみた。
母は軽いと言うけれど、持ち手が少し重たかった。
しかし、以前のものに比べれば私でも持てるし動かせる。
約6畳のフローリング。
掃除機を使ったのはたったこれだけ。
翌日、全身の痛みで寝込んだ。
気圧は安定していた。
特段無茶な運動はしていない。
思い当たるイレギュラーな行動あったっけな。
あっ。
あった。掃除機だ。
どんだけ軽い掃除機でも、私の体はもう耐えられないんだ。
知らなかったよ。
知らない間に出来なくなっちゃってたよ。
先月の出来事です。
未だショックの最中にいます。
健康なら、
普通のこと、何でもないこと、当たり前のこと、
日常生活のそれらを、失っていく。
なんとなく失いつつあることに気づくものもあれば、
今回のように、失ったあとに気づくものもある。
精神的な衝撃は、後者の方が断然大きい。
今、ひとつひとつの行動が怖い。
失った現実を突然突きつけられるのが怖い。
私個人の認識ですが、
エーラスダンロス症候群は、やろうと思えば代償と言う身体能力を使い、それなりに動けてしまいます。
しかし、関節に過度の負担がかかれば、後から寝込むほどの強い痛みに襲われます。
しっぺ返しってヤツです。
それは、もう出来なくなったこと、やってはいけないこと、に分類されます。
進行を速めてしまうからです。
スポンサーサイト
【2016/11/24 23:41 】 | 病気 | コメント(0) |
<<キャリーケース激突 | ホーム | なお君王子はご満悦>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。