愛惜
年上の友達の年齢を、自分が追い越した時。



亡くなった時とは、
違う色の悲しみに包まれた。










いつの日か
また
あの時のように
時間を忘れて語り合おうね
スポンサーサイト
【2017/05/01 22:16 】 | 日記 | コメント(1) |
| ホーム |