スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
贅沢をしました。
明日は仕事なのに、今日ショッピングで外出できた。

気温が高くなり気候が安定する梅雨前と夏場にだけできる私の贅沢。


それ以外の季節は翌日に仕事がある日の外出をしない。
今の時期や夏場も、体調に不安がある日は自重する。


外出後、体調を崩すことが多いからだ。




あぁ、今日はなんて幸せなんだろう。

スポンサーサイト
【2015/05/31 18:10 】 | 日記 | コメント(0) |
できた!
コブクロのライブ、横浜1日目に行ってきました。

去年の初夏、通勤中に傷害事件に遭いました。
同時期に行われていたコブクロツアーには、事件で生じたPTSDの急性期症状真っ只中で参加しました。
事件に遭う前のライブでは、感動し、様々な感情が湧き上がっていたのに、
事件後のライブでは、何も感じない自分がいました。
ステージからの熱気も、コブクロの歌声に込められた想いも遠くの出来事のようでした。
自分の心が機能停止していることを痛感してしまいました。
臨床心理士の先生曰く、PTSDの症状のひとつで、これ以上心が傷付かないように感情を麻痺させる自己防衛機能、「感情の鈍麻」なのだそうです。

その後、記憶の中で事件とコブクロの歌が結び付いてしまい、コブクロを一切聴けなくなりました。

それから約10カ月ぶりのコブクロライブ。
行けるのだろうか?
耐えられるのだろうか?
まだ何も感じないのだろうか?

不安は数えてもキリがない。
この一年、毎日PTSDと向き合い、失った心をひとつずつ取り戻そうと足掻いてきた。
まだまだ先は長いけれど、あの時の自分とは違う。
たとえ一歩だとしても、前に進んでいるはず。

あとは、飛び込む勇気。
ふと、頭によぎったコブクロの歌。
DOOR
「行くしかないだろう。」

飛び込んだ先には、
新しい自分がいました。

コブクロの歌声を覆ってしまっていた私の中の恐怖が、
少しずつ、でも確実に解けていくのを感じました。

笑えました。
泣けました。
心が動きました。

きっと今回のツアーから逃げていたら、もう二度とコブクロを聴けなくなっていたと思います。

行って良かったです。

車椅子に乗った状態では、
たとえ友達であろうと、体に触れられるとフラッシュバックを起こしてしまうし、
まだまだ過度の緊張をしてしまうけれど、

普段なかなか実感できない「進歩」を肌で感じることができ、自信へとなりました。
【2015/05/15 22:47 】 | 想う事 | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。