もう苦しくないね
疲れているのに描きたくなる。

居ないけど、
いつも居る。

えおたん
つなちゃん

今日もあなた達を近くに感じているよ。













スポンサーサイト
【2015/03/26 00:35 】 | 笑温(えおん)繋(つなぐ)日記 | コメント(0) |
みんなみんなありがとう
つなちゃんが天使になってから、あっという間に1週間経っちゃったね。


つなちゃんとえおたんには、たくさんのお友達がいるんだよね。

病気と闘ってる時、みんな応援してくれたよね。

えおたんの時もつなちゃんの時も、
「お空にお出かけしました。」
ってお知らせしたら、
お友達みんな泣いてくれたね。

みんなの優しさ花吹雪に包まれてお空に行けたね。


お悔やみの言葉をくれたお友達。

ふたりが大好きなパイナップルの葉っぱとリンゴの種を、生前と変わらず届けてくれるお友達。

お花を贈ってくれたお友達。

みんな、これからもえおたんとつなちゃんのお友達だよ。

今日も、お友達からお花が届いたよ。




嬉しいね。
ありがたいね。
幸せだね。

皆さん、えおんとつなの為に、
お心遣いやお気持ちを下さり本当にありがとうございます。

人の気持ちを敏感に察する仔達でしたから、
皆さんのお気持ちを、
しっかり抱きしめていることでしょう。


私と母の悲しみにも寄り添って下さり、ありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。


【2015/03/21 20:52 】 | 笑温(えおん)繋(つなぐ)日記 | コメント(0) |
一緒がいいんだね
無事につなをおかあたんのところに送り届けられました。





えおたん、4歳8カ月
つなちゃん 、4歳8カ月


葬儀社の担当者さんも、えおたんの時と同じ方。


つなちゃん、全部おかあたんと一緒がいいんだね。

お土産のおやつ、ケンカしないで仲良く食べるんだよ。

えおたん、つなちゃん。
毎日を幸せにしてくれてありがとう。

【2015/03/15 19:33 】 | 笑温(えおん)繋(つなぐ)日記 | コメント(0) |
あと少しだけ
あと少しだけ抱っこさせて。




【2015/03/15 15:33 】 | 笑温(えおん)繋(つなぐ)日記 | コメント(0) |
フラガール
17時に葬儀社の方が火葬車で来てくださる。
自宅近辺で荼毘にふしていただき、自宅内で収骨します。


まだ、少し時間があるね。
ベッドもいいけど、いつもと同じがいいね。
胸の上に感じる965gの重み。
忘れないよ。


あら、可愛いフラガールさんね。
きっと天国でもモテモテだね、つなちゃん。
【2015/03/15 15:08 】 | 笑温(えおん)繋(つなぐ)日記 | コメント(0) |
抱っこ
28年前、最愛の人を亡くした時。

あまりにも突然の別れだったこと。
私が子供だったこと。
初めて直面する「死」だった為、悲しみより恐怖が強かったこと。
大人達が醸し出す異様な雰囲気に怯えていたこと。

これらが折重なり、
私はたった一つの願いを口に出せなかった。

「もう一度、抱っこしたい。」



今も深く後悔している。
あの時、抱っこしていれば、
瞬間冷凍されずに、
時間をかけてでも悲しみを、「思い出」にすることができたかもしれない。

少なくとも、後悔の一つは減ったはず。





だから、つなちゃんの亡骸を何度も抱っこする。

ベッドメイキングが崩れようと、
そんなのやり直せばいい。

気が済むまで何度でも抱っこしている。

えおたんの時もそうした。


眠っているように見えても、
もう起きないこと。
柔らかい肌感は同じでも、
温もりがないこと。

亡くなったという現実を、
抱きしめ、触れることで実感していく。

死を受け入れていくには、この作業がとても大切だと思う。



追記
つなの体が崩れないように冷却対策はしっかりしてますので、体は綺麗なままです。
ご安心ください。
【2015/03/14 20:16 】 | 笑温(えおん)繋(つなぐ)日記 | コメント(0) |
悔いのないよう送り出したい
つなちゃんベッド。

刻々と賑やかになっていく。


今日は私の誕生日。友達が私とつな宛に贈ってくれた花束。



ベランダのお花で飾りましょう。
頭のお花は元気色のオレンジね。
チモシーもたらふくお食べ。



おかあたんとのツーショット写真も飾ろうね。
ずっと会いたかったんだもんね。



頂いた花束のリボンとラッピングペーパーも使おうね。
つなちゃん女の子だからピンクが似合うね。
おかわりチモシーだよ。
つなちゃんの大事な遊び相手のヘチマさんもそばにいるよ。
歯ブラシでコショコショ毛繕いすると、とっても気持ちよさそうにしてくれたね。
つなちゃんとおかあたんの絵も足元に置いたよ。




本家にはお留守番隊がいるよ。




2人分のおやつとご飯入れようね。


あぁ、このまま時が止まってくれたらいいのに。


【2015/03/14 19:37 】 | 笑温(えおん)繋(つなぐ)日記 | コメント(0) |
おかあたんといっしょ
えおたんの闘病記を書く前に、
このご報告をすることになり残念です。

3月13日 23時21分。
つながおかあたんのところに旅立ちました。


実は、つなは1月下旬から闘病していました。
命の危機を何回も乗り越えてくれて、
この先は長期戦になりそうだけど、
一緒に頑張ろうね、
と家族共々一致団結した矢先でした。


もう、
苦しくないよ。
痛くないよ。
苦いお薬も飲まなくていいよ。
お医者さんに注射ちっくんされないよ。


大好きなおかあたんに会えたかな?
これからはおかあたんとずっと一緒だからね。
寂しくないね。




とっても穏やかなお顔してるね。
ホッとしたのかな?





15日に火葬します。

つなちゃん、時間が許す限りだっこさせてね。

眠っているだけのような貴女を手放すのが辛いよ。




【2015/03/14 03:22 】 | 笑温(えおん)繋(つなぐ)日記 | コメント(0) |
痛い
痛くて眠れない

睡眠薬に勝つ痛み

眠りたい。
意識のない時が今は一番幸せ。
【2015/03/12 01:53 】 | 病気 | コメント(0) |
コブクロを聴けない
タイトル通り、
コブクロの楽曲を聴くことができない。

嫌いになった訳じゃない。
聴きたい。
けど、聴けない。


去年の初夏、
通勤中、見知らぬ男に暴言と暴力を振るわれて、右肩靭帯損傷の怪我を負った。


車椅子では立っている人のような俊敏な動きや方向転換が出来ない。
その上、上半身を支える力が弱くなっているので、
座位保持装置に近い座面の車椅子を使っていて、
体幹保持ベルト2本で腰と体幹を固定している。


言わば、椅子に縛り付けられた状態。


そんな状態で、
暴言と共に突然襲われたら、

「殺される。」

そう感じた。


事件直後から、
臨床心理士との面談を繰り返し、
心の傷の回復を目指して認知行動療法を行っている。

それでも、
まだ、
治癒へのスタートラインにさえ立てていない。
思い出すだけで震えてしまう。

事件直後に、
警察の事情聴取で、
「なんですぐに110番しなかったの?してれば逮捕できたのに。」
と、まるで私に非があるようなことを高圧的な口調で言われたり、

知人からも、「あなたの判断ミスだ」と心無い言葉を浴びせられた。

このような二次被害を受けて、心は更にボロボロになった。


外出が極度に怖くなり、休職も考えた。
が、
家に篭ったら、
外に出るのがもっと恐ろしくなってしまう。
マイナス思考の悪循環に入り込んでしまうだろうから、
あえて今まで通りの勤務をお願いした。


事件直後から、
急性ストレス性障害(ASD)の症状が出始め、
その後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)へ移行していった。

今回の事件と幼少期のトラウマがリンクして複雑になってしまっている経緯があるので、
臨床心理士からは、
PTSDになることは否めないと予め知らされていた。

ただ、必ず回復するから、焦らずに向き合いましょう。と励まされた。

PTSDの症状が起こる心のメカニズムや、
症状が現れた時の適切な対応方法を学び、日々実践することで、今に至る。



音楽の素晴らしいところは、
その時の気持ちだけでなく、景色や五感までも丸ごと思い出を楽曲の中に収納できること。

楽曲を聴くとその時の感動をいつでもリアルに思い出せる。


今は、それが辛い効果を発揮してしまっている。

昨年のコブクロライブツアー最中に事件に遭い、ASD.PTSDの急性症状真っ只中でのライブ参加となった。

過度の警戒心
感覚の鈍麻
フラッシュバック

それらの辛い記憶がコブクロの楽曲に収納されてしまった。

去年のライブ終了後から、ほとんどコブクロが聴けない。

ファンクラブ限定のDVD、封さえ切れない。
去年のライブのDVD、買う気になれない。
テレビ出演、録画はするが観れない。

観たいのに観れない。


来月からコブクロライブツアーが始まる。
ライブのチケットは取れている。
初日は5月の横浜。


焦っている。
コブクロライブ行きたい。
彼らの生の歌声を聴きたい。


でも、怖い。






【2015/03/09 22:45 】 | 日記 | コメント(0) |
| ホーム |