スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
アドバイスは思いつかないけど、それ異常だよ
タイトルの言葉を聞いたのは、
約一ヶ月前。

某超超有名大学病院のリハビリテーション科にて。

上肢の関節弛緩が進行し、
手をつく動作時、手首、肘、肩に痛みが出ないよう指の背全面を接地する代償が起きていた。


上肢の安定は得られるけれど、指の付け根の靭帯に大きな負荷がかかってしまう。
そのせいで、指関節の緩さをはっきりと感じるようになってきた。
日常生活への支障も生じている。


「指関節の靭帯に負荷をかけすぎず、手をつく動作はありますか?代償に頼るしかないとしても、何かアドバイスがあれば教えていただきたいです。」

そう尋ねた私への返答が、タイトルの言葉です。

「アドバイスは思いつかないけど、それ異常だよ。異常だよ。普通じゃないよ。」


異常かどうか聞きたかったのではない。
ましてや連呼など求めていない。

異常なのは、充分自覚してる。
異常になる病気なんだもん。

逃げられるなら今すぐにでもこの体から逃げ出したい。
でも、泣こうが喚こうがそれはできない。
死ぬまで付き合う病気。
だからこそ、うまく付き合っていく方法が知りたい。


それなのに、

異常だ。
普通じゃない。


医師として、その前に人として言っていい言葉ではない。



私は研究材料のひとつではなく、ひとりの人間なんだ。

私はここではモルモット以下の扱いだ。
うちの本家モルモットの方が大事に扱われてる。

そう言ってやりたかったが、
ショックの方が大きく、
何の言葉も出てこなかった。



1ヶ月経過した今でも、
抜けない棘となり、
心がチクチク痛む。



装具。
「理想と現実は違う。妥協してくれないと。」とお手上げ宣言。

リハビリ。
いくら無茶だと言っても聞き入れられず、実践し、目の前で筋痙攣起こしてようやく無理だと納得した。


どれほどお偉い教授先生か存じ上げないけれど、
EDS研究に協力して下さるそうだけれど、

私は、教授の実験材料じゃない。











スポンサーサイト
【2015/02/20 21:30 】 | 病気 | コメント(1) |
痛い
異常気象のせいなのか、
私の体が変化したのか、

今年の冬は今までになく全身が痛い。

2月に入ってからシフト通り勤務できたの何日だろう。。。

残りは、
痛みで起き上がれず欠勤と、
遅刻して午後から勤務の半々。

今日も本音は休みたかったけど、気力を振り絞って午後から勤務。


痛みのない暮らし。

私にとっては、
それが、
なにより贅沢な暮らし。



【2015/02/16 20:05 】 | 病気 | コメント(0) |
やりきれない気持ち
うつ伏せで寝られなくなっていたことに今さっき気付いた。

そう言えばしばらくうつ伏せで寝てないな。

寝てみよ。

く、苦しい。

えっ、うつ伏せ無理?!


能天気な気付き方だが、能天気な受け止め方はできていない。


こうやって少しずつ、
当たり前を失って、

やりきれなさを涙で挟んで胸に積み重ねて、
やりきれなさに慣れていき、

そして、
慣れた頃、

また失う。


その繰り返し。

何度繰り返しても、やりきれない。
慣れる為には、静かに悲しむ時間が必要。


苦しい、の具体的なっことは、
胸が圧迫されて呼吸が辛い。
頸、肋骨、鎖骨、肩関節がずれる。
お腹と脹脛の筋痙攣。
【2015/02/07 23:48 】 | 病気 | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。