PTSDと向き合う
書こうかどうか何度も迷ったけど、

逃げちゃいけないから、逃げたくないから書きます。





私は今PTSD(心的外傷後ストレス障害)と向き合っています。


25年前、私が10歳の時、
心の支えにしていた大切な人との死別を経験しました。

大切な大切な命が、暴力的に奪われてしまいました。


私が、初めて直面した「死」は、あまりにも強烈でした。
泣き叫ぶ大人を目の当たりにして
自分を取り巻いていた世界の全てが壊れた感覚がしました。


心が引き裂かれました。

私は、その時の記憶を瞬間冷凍にして心の奥深く眠らせました。


その後、様々な変化が現れました。

お葬式ごっこ遊び。

何度も同じ悪夢を見る。

連想させる出来事や場所を避ける。

音に過敏になる。

常に緊張し警戒している。

母親が死ぬのではないかと恐怖に襲われ生存を確認するまで何も手につかなくなる。


今にして思えば、PTSDの子供に表れる症状ばかりです。

でも、当時はそんなこと分からず、ひとり恐怖に耐えて過ごしました。

この中の幾つかは今も続いています。





PTSDとして、治療を受け始めたのは去年です。
継続して受けているカウンセリングで心理士の先生が気付いてくれました。


PTSDとは、どんな心のメカニズムで起きるのかを教えてもらい、
小さな「恐怖」から少しずつ向き合う訓練を始めました。

でも、心に瞬間冷凍した核心に触れることは出来ずにいました。
恐怖が強すぎるので、向き合えませんでした。と言うより、ぽっかり穴が空いたように思い出せなかったのです。





その日は、突然やってきました。

今月上旬、夢を見ました。
あの時の夢。何もかもが今起きているかのように鮮明で、あの時の感情が雪崩の如く流れ込んできました。


心が引き裂かれるような痛み。
そして、烈火のような怒り。

目が覚めた時、全身が硬直していました。
フラッシュバックです。

心が凍らせていたもの。


それが解凍されてしまいました。

心を引き裂くような痛み。

毎日、平常心を保つのに必死でした。

解凍された日から、二週間耐えました。
そして、カウンセリングの日を向かえ、
25年間眠らせてきた恐怖が目覚めたことを伝えました。


辛い治療の始まりです。

頭に思い浮かぶ光景や感じる気持ちを出来るだけ細かく話します。
思い出したくない辛いことをなぜ話すのかと言うと、

瞬間冷凍された出来事は、記憶として処理されることなく脳内に保存してあるので、いつまでも過去にならないのです。
それを、繰り返し話すことで、出来事は記憶として処理されていきます。

辛い事をなかった事にするのではなく、記憶として整理することで恐怖のレベルを下げていきます。

この心理療法は、専門家の元、安全が確保された中で行います。

私は涙を流し続け、2時間かけて一つ一つ言葉にしていきました。


10歳の私が見たもの、聞いたもの、感じたこと。

私は、「できるならこのことは思い出したくなかった。ずっと忘れていたかった。」と言って泣きました。

心理士の先生はこう言ってくれました。
「25年かけて、ようやくこの出来事と向き合えるようになった。準備ができたと心が判断したから思い出したのかもしれませんね。一緒に向き合いましょう。必ず良くなりますよ。」





今週も夢でフラッシュバックが起こり、苦しいです。

でも、先生の言葉を信じて、向き合います。

ただし、正面から向き合うのはカウンセリングの時間だけ。
それ以外の時間は、いかしにてフラッシュバックに呑み込まれずに、今を生きるかを実践します。

何だか難しい言い方になってしまったけれど、
恐怖感情に襲われた時に平常心を取り戻す方法を学ぶことです。

恐怖や不安に襲われた時、「今はあの時じゃない。今は安全だから安心して大丈夫。」と口に出して言い聞かせたり、自分がホッとする絵を書いて気持ちを落ち着かせたりしています。



心が壊れそうなくらいの恐怖だけど、私の大切な大切な人と共に過ごした最期の大切な時間でもあります。


いつの日か、思い出にしたい。
道のりは長いけど、今なら、今の私ならきっとできる。
スポンサーサイト
【2013/08/21 23:44 】 | 未分類 | コメント(0) |
電車の車椅子スペースってどこ?
電車に乗る時は、車椅子スペースへ案内していただくようお願いしています。

私は普段JRを利用することが多く、殆どの駅で「車椅子スペース」と言えば、ちゃんと案内していただけます。

ですが、T駅だけは別です。
「車椅子スペース」と言うと、列車の先頭や最後尾に案内される確率が高いです。
そこは、座席はないけれど、車椅子スペースではないので、扉付近にしか居場所がなく、乗り口を半分塞いでしまいます。一駅ごと「すいません」と頭を下げ、時には乗り降りする方の体や鞄が当たり怖い思いもします。

先月、T駅で「車椅子スペースでお願いします。」と伝えたら、案の定、最後尾に案内されました。
「ここはなく車椅子マークがあり、スペースが用意されている場所が車椅子スペースだと思って伝えたんですが、変更してください。」
とお願いしましたが、電車が到着しており、「最後尾で連絡したので、変更できない。これに乗って下さい。」と言われてしまいました。
時間的制約もあったので、仕方なくその電車に乗車しました。
車掌前のスペースには6名ほどの乗客がいました。

このままではまた扉前で気の休まらない時間を過ごすことになります。2~3駅なら我慢できますが、その日は45分間乗車するので、座席のないスペースに立っている乗客の方に
「恐れ入りますが、場所を譲っていただけますか?」とお願いしました。

目の前にいた方がすぐに移動してくださりました。
でも、その奥にいた方はその場に立っています。
3~4人分のスペースが必要なので、奥の方にもまた同じお願いをして移動していただきました。
でも、その奥の方はまだその場にいました。
また同じことを言って移動していただきました。

ひとりひとりにお願いしないと譲っていただけない。
何度も頭を下げてお願いをして・・・
それは、かなりのストレスです。


先週、再びT駅から45分ほど乗車する機会があり、その時は以前の事を踏まえて、車椅子スペースの場所を詳細に伝えないとT駅では通じない。と思い、言葉をいろいろ考えていましたが、対応してくださった方が、毎日たくさんの車椅子乗客に接している案内係の方だったので、この方なら大丈夫だろうと判断し、
「車椅子スペースでお願いします。」とだけ伝えました。

私が甘かったです。
連絡を受けて来た駅員さんに「最後尾にご案内します。」と言われました。


ふう~。(がっかり)

「他の駅では車椅子スペースと言えば、きちんとそこに案内していただけるのですが、T駅では通じないことが多いんです。T駅では先頭や最後尾も車椅子スペースと認識されているんですか?」
と聞きました。

駅員さんは
「一号車の後ろにある車椅子の為に空けてあるスペース、ともう少し詳しく説明して貰えたら駅員もわかるので、次回からそうしてください。」と言いました。


開いた口が塞がりませんでした。

車椅子乗客の対応をしている駅員が業務に係る知識のなさを棚上げにして、乗客の説明が足りないと言うのか?

その駅員さんにそのことを話すと、
「今後、車椅子スペース場所の把握と案内の統一を周知徹底する。」
と言われました。


一昨日の仕事帰り、その駅員さんにスロープ介助をしていただいたので、先日の件について覗った。

駅員さんの話を要約すると、
お客様のご意見を上司に報告した。
ただ、車椅子スペースの場所把握は個人の努力になる。



えええええええええええええええええっ
ありえん。



今日、JR東日本お客様センター(本社)に電話して、一連のことを相談した。


以下が、オペレーターの方の返答。
プロである駅員が、お客様に詳しい説明を求めること自体おかしい。
個人の努力の問題ではない。
この件は上層部に伝え、会社全体で改善に取り組んでいく。



ついでに、車椅子スペースに案内して貰ったとしても、そこに立っている乗客が移動してくれないと、扉付近にいるしかないこと。
ひとりひとりに頭を下げ謝りながら場所を譲って下さい。とお願いしなきゃいけないことが、精神的苦痛である。
殆どの方がお願いすれば譲って下さりますが、自主的に譲って下さる方が少ないのが現状であること。
嫌々移動される方、舌打ちする方、頑として動かない方もいて、電車に乗る時は常に気が休まらない。

駅員さんが場所を空けるよう話すと、素直に従う方が多く、私の精神的苦痛もだいぶ軽くなるので、乗せるだけでなく、場所の確保もお手伝いしていただけると、とてもありがたい。
と伝えました。




【2013/08/14 17:34 】 | 電動車椅子 | コメント(0) |
当事者努力

エレベーター出たら、即商品。
出入りしにくい。

「出入り口を広くして頂けますか?」



奥の商品が見たいのだけど、三脚があり入れない。

「三脚を移動して頂けますか?」


店の中もバリアでいっぱい。
その都度、店員さんを見つけてお願いをする。


買い物にも、時間がかかる。
誰もが買い物しやすくなる意識改革にも、時間がかかる。

当事者が声を上げる地道な作業。
これの繰り返しで、今の福祉がある。

私は先輩方の努力の成果を享受しているのだから、これからの後輩の為に、今度は私が頑張る。

悲しくなるけど、辛くなるけど、それでも続けなければ、世の中は変わらない。
【2013/08/12 19:00 】 | 日記 | コメント(0) |
果物優先エリア?
どこのどなたが存じ上げませんが、ここは荷物置き場ではありませんよ。

【2013/08/12 18:14 】 | 未分類 | コメント(0) |
博士の愛した数式
「博士の愛した数式」

確か、市民会館での映画上映会で観たんだっけ。


その少し後、父が脳梗塞で倒れ、記憶に障害を遺した。


父は、博士になった。




父の記憶障害は波があり、父の時と、博士の時とを行ったり来たりしていた。

どちらも父であることに変わりはないのだけど、当時の私はそれを受け入れることができなかった。



実は、父が倒れてから亡くなるまでの2年6ヶ月間の記憶があまりない。

余裕なく忙しかったのか、それとも耐えきれず心が封印したのだろうか。


どちらにせよ、思い出せないことは無理に思い出さなくていい。


父の笑顔が思い出せれば、それでいい。
【2013/08/09 22:25 】 | | コメント(0) |
いてて
起きたら右腕が痛い。
肘の少し上。
靭帯を傷めたみたい。
動かす度に、ズキンズキンと痛む。

身に覚えがない。
寝てる間か?

湿布貼って対応。

今日の仕事中、我慢出来るかな?
痛みが悪化しないように加減しながらやるしかないな。
【2013/08/07 07:55 】 | 病気 | コメント(0) |
JALさん、、、
私の電動車椅子にはバッテリーが二台搭載されている。
ひとつは、走行用で取り外し可能。
もうひとつは、座面の上下用で取り外し不可能。(座面の下に内蔵型)

飛行機の搭乗時、貨物室に車椅子を預けるのだが、内蔵型バッテリーが毎回問題になる。

去年の北海道と大阪往復。
今年の北海道往き。

この5回は、バッテリーの正体がはっきりしない。
が理由。

毎回搭乗手続きに一時間以上かかる。


去年散々苦労したので今年は北海道に行く前に、バッテリーの商品名、型番を情報登録していた。


なのに、今年のコブクロ遠征で北海道への搭乗時、また引っかかった。

その状況は、こちらの記事をご覧ください。
羽田ー新千歳 バッテリー一悶着


それから2日後、新千歳空港から羽田空港へ戻る時、新たなトラブル発生。


内蔵型バッテリーの種類を聞かれ、「ドライです。」と答えただけであっさりOK。
このまま順調に手続き出来るかと思いきや、

「このバッテリーの通電は遮断出来ますか?」

へっ?初めての質問に最初は頭の中に????がいっぱい。

「スイッチでon offする機能はありません。リモコンのボタンを押せば通電します。」と答えると、


「このままでは乗せられません。」

えーー!
だって2日前に羽田から来た時はそんなことひとっことも言われなかったよ。
去年だって4回乗ってるけど、乗ったよ。

そのことを伝えても、「安全性が確保できない」の一点張り。

じゃあ、過去5回は安全性確保しないままフライトしてたの?!

怒りたい気持ちを抑えて交渉。

空港側の搭載条件は、通電を遮断するために配線を外すこと。



*ネジで固定してあるバッテリーカバーを外してからじゃないと配線を外せない。
*羽田到着後、配線を元に戻して返却。

この二点を伝えると、元に戻すかは保証出来ない。と言われたので、配線を外すことは断った。

押し問答の末、リモコンをクッション材で包んでボタンが押せない様にすることで搭載の許可がようやく出た。


フライト15分前のことです。
優先搭乗の為、すぐに搭乗口へ。

飛行機の中に入り、座席に着こうとしたら、新たなトラブル発生。


勝手に座席を変えられていた。

私は左の窓側座席で側壁にもたれかかることで、体幹保持をしている。

左窓側指定であることは航空会社にも情報登録してある。
ネットでチケットを購入した際、自分で左窓側の席を指定していた。

なのに、最前列の中央に変えられてしまっていた。

後から聞いたことだが、その席は肢体不自由者の優先席だったそうだ。

障害に応じた対応が出来るように、事前の情報登録サービスがあるのに、全く生かされなかった。

この席では一時間半耐えられない。
席を戻して欲しい。
と伝えたが、私が指定した席は既に他の人と変更されてしまっていて戻せなかった。

急遽、座席変更してくれる乗客を探すことになり、フライト5分前に6列目の方が変更に応じて下さった。
助かりました。ありがとうございました。




座席に着いたら一気に疲れが出た。


帰宅翌日、航空会社に電話して、今後の相談をした。

それは、また後日。
【2013/08/04 21:20 】 | 電動車椅子 | コメント(0) |
コブクロ札幌遠征 番外編 ~夜の札幌観光~
ホテルからライブ会場までの送迎をお願いした福祉タクシーの運転手さん。

とてもよい方で、せっかく札幌まできたんだから、と
ライブ終了後、ホテルへ直帰せず、札幌の街を観光させてくれました。

メーターはホテルまでの距離で止めて、サービスで運転してくれました。


今回はライブのみ。と思っていたので、思わぬ展開に大喜び。
運転手さんの気持ちが嬉しかったです。



ライトアップされたテレビ塔
fc2blog_20130804112808d73.jpg

fc2blog_20130804112828385.jpg

車内からだと見にくいでしょう、と気を利かせて、わざわざリフトで車外に降ろしてくれました。




がっかり名所で有名な、時計台
fc2blog_20130804112856b69.jpg

ライトアップがとてもきれいで、うまい具合に隣のビルが暗闇に紛れてくれたので、がっかり名所とは思えない素晴らしさでした。

開拓時代の建物には、赤い星印があること。
2階の窓ガラスが歪んで見えるのは、建設当時のガラスを使っているから。当時のガラス精製技術では今のように完全に不純物を取り除けないので、歪みが生じてしまう。
1階の窓は割れてしまい、現在の窓ガラスが入っているが、2階の一部はまだ当時のままであること。
など、運転手さんが話してくれました。

写真ではうまく撮れなかったけど、時計台の上部には確かに赤星がありました。



最後は、旧北海道庁
fc2blog_2013080411291943d.jpg
ここにも赤星ありました。
庭園もきれいで、チューリップが満開でした。
ボタン桜の花びらが舞い散っていました。



観光できるなんて、まったく期待してなかったので、本当にうれしかったです。
利用者への振動による負担を最小限にするように、道路の凸凹を避けたり、ブレーキ操作など、非常にきめ細かい配慮の行き届いた運転をしてくれました。
運転手さんと出逢えたおかげで、北海道の旅が何倍も楽しくなりました。
ありがとうございます。

そして、この運転手さんの会社を見つけ出してくれたビーちゃん、ありがとう。



【2013/08/04 12:22 】 | コブクロ紀行2013 | コメント(0) |
コブクロ札幌遠征 番外編 ~バリアフリールーム~
北海道での宿泊先は、東横INN

東横INNにはハートフルルームというバリアフリールームがある。
(電話でのみの予約です。)

東横INN ハートフルルーム

トイレと浴室が分かれています。

希望すれば、浴室に椅子を置いてくれます。
浴槽の中にも滑り止めマットを敷いてくれます。
fc2blog_201308041125370fe.jpg

浴槽の壁に手すりが多数付いていて助かりました。


トイレも車椅子ごと入れる広さがあります。
fc2blog_20130804112558ce2.jpg

浴室もトイレも引き戸です。



部屋はこんな感じ。
fc2blog_20130804112628931.jpg

車椅子を置いても充分な広さがあり、圧迫感がありませんでした。


fc2blog_201308041126580a0.jpg
就寝時の体幹保持の為に、枕を追加で貸してくれました。(無料)


宿泊料金も、普通のツインルームと大して変りなく8000円程度です。
会員割引を利用すれば、さらに安くなります。


障害者優先ですが、当日の正午過ぎまで空室だった場合は、誰でも利用できます。
【2013/08/04 11:54 】 | コブクロ紀行2013 | コメント(0) |
近況
7月中旬から、不正出血が続いていて不安でした。

チョコレート嚢胞と月経困難症の治療の為、今年の2月から女性ホルモン剤による治療を続けています。

28日間で1クールの治療です。
ホルモン剤を24日服用、残りの4日間は休薬期間です。この4日間はホルモン成分の入っていない偽薬を飲みます。
飲まなくてもいいのですが、次クールの初日の飲み忘れを防ぐ為に、毎日内服する習慣をつける為の偽薬です。


治療開始直後は、泣きたくなるくらい様々な副作用に悩まされ辛い日々でした。

「3か月過ぎたころから副作用が軽減する場合が多い」
先生のこの言葉を信じて耐えました。

4か月目の中頃から、副作用が減ってきて治療効果を実感できるようになりました。
月の半分を占めていた下腹部痛から解放され、生活の質が上がりました。

副作用として報告の多い不正出血も、2か月目には落ち着き、休薬期間に2日程度の消退出血(月経と同じようなもの、程度はかなり軽い)のみで落ち着いていました。


ところが、7月中旬、6クール目の内服開始直前から始まった消退出血が2日間では終わらず、3週間以上不正出血として続いていました。


落ち着いたはずの副作用が出てくることあるのか?
何か、他疾患の症状?
手術?



不安は不安を呼び込み、先生から、「この治療に不正出血は付き物だけど心配ないよ。」と言われていたのに、悪い情報ばかり収集するようになっていきました。


不安に支配されないように、振り払う毎日。





昨日は、婦人科の定期的な診察日。

先生の診断は、「ホルモン剤による副作用。」でした。
ギリギリまで女性ホルモンを低用量にした薬なので、副作用の変動は否めないそうです。


エコーでも診てもらい、他疾患は否定されました。


おまけに、チョコレート嚢胞が5mm縮小していました。薬の効果だそうです。
よかった。


実は、不正出血は未だに続いています。
軽度の下腹部痛もあります。

でも、不快ではあるけど、不安は解消されたので気持ちが楽になりました。


不安を感じたら、早めに病院へ。
実感した出来事でした。

【2013/08/03 23:04 】 | 日記 | コメント(0) |
| ホーム |