スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
治る病
目は少しずつ楽になってる。

 

改めて、治る病気って素晴らしいって思う。

 

 

時間に比例して良くなるんだから、時間が経つのが待ち遠しい。

 

 

鏡を見て腫れが引いてるたびに高揚する。

 

 

 

 

エーラスでこんな感覚味わえたらどんなにか幸せだろう。

 

 

治る病にかかり、改めて治らない病の残酷さが身に染みる。

 

スポンサーサイト
【2010/01/31 18:41 】 | 想う事 | コメント(4) | トラックバック(0) |
気付かない不便さ
リハビリ科のドクターに「目薬は大丈夫?」と聞かれ、特に不便さを感じていなかったので
「大丈夫です。」と答えた。



何言ってるんだろうな?と思いつつ目薬を注した。

親指と人差し指で目薬を摘まんで押す。

1回目
薬が落ちない。


2回目
薬が落ちない。

上げている腕がかったるくなり一度腕を下ろす。


3回目
指に力を入れて強めに押す。
薬が落ちる。



はっ!

もしかして先生が言ってたのはこの事?



目薬を使うことは今までにもあったけど、目薬の入れ物が硬くて使いにくいんだと思ってた。

みんなも我慢して使ってるんだと思ってた。



そうじゃないんだ。
私の押す力が弱いんだ。




全然気付かなかった。。。

きっと、こんな風に不便さに気付かぬまま過ごしていること他にもあるんだろうな。
【2010/01/31 14:45 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
薬アレルギーの脅威
1月27日(水)
朝、左目の下まぶたが少し腫れていることに気付く。
夜、朝よりも腫れが大きくなっている。痒い。ゴロゴロする。


1月28日(木)
朝、更に腫れている。

木曜日はかかりつけの眼科が休診日。
朝イチで市立病院の眼科に行く。
予約の人が優先と言うことで2時間半待ってようやく診察。

「瞼にバイ菌が入って炎症を起こしている。
目薬を出すから、もし1週間経っても変わらなかったらまた来てください。」

クラビット点眼薬を処方してもらった。


以前、酷いものもらいになった時も目薬をつけ出したらすぐに治ったので、
これでひと安心。


薬局に処方箋を出して仕事に行き、帰りにクラビットを受け取って帰宅。

早速その夜から点眼開始。

1月29日(金)
朝、昨日より腫れてる。
痒みも強い。
目やにも増えてる。
薬の効き目が出るのはもう少し先かな?

11:00
眼帯に付けてるガーゼがびしょびしょになるくらいの黄色い涙が出ている。
下瞼には水疱のような膿の袋が多数出来ている。
上瞼も腫れだした。

あれ…酷くなってる?

一時間ごとにガーゼを取り替えないとびしょびしょで気持ち悪い。

ガーゼの染みはどんどん黄色に。


排膿してる…


17:30
「薬のアレルギーじゃないの?病院に連絡してみた方がいいよ。」
とアドバイスをもらい、市立病院に電話をする。


救急外来に繋がり症状を話すと、
クラビットの使用を止めて、救急外来には眼科医がいないからすぐにどこでもいいから眼科に行って欲しい。
と言われる。


自宅に電話して母にかかりつけ医の診療時間を確認してもらうも17:30までだった。


母に今からでも間に合う眼科を探してもらっている間に、上司に事情を説明して残業をせずに帰っていいか頼み、快諾してもらった。

母は、困っているときに病院を探してくれる『ひまわり』という機関に電話をして19時まで診療をしている眼科を見つけてくれていた。

18:40
眼科到着。

診察。
「明らかにクラビットのアレルギーですね。違う薬を出すので3日後にまた来てください。」

リンデロン点眼薬を出してもらう。


20:00
帰宅してすぐに点眼する。20分くらいすると、猛烈な痒みが弱まり、眼を開けられるようになった。


22:00
下瞼に多発していた膿の袋が縮小している。


1月30日(土)
薬を変えてから悪化は止まったが、
まだ両瞼が腫れていて痒みもある。
顔半分が腫れて頭痛もする。



いや~、酷い目に遭った。
処方された薬で悪化するなんて思わなかった。

仕事休んで、長時間待って、高い診療代払って、挙げ句に悪化…
時間とお金返してよ!って思う。




アレルギーかもしれないから病院行った方がいいとアドバイスしてくれた職場の方々。

仕事を引き受けて先に帰してくれた同僚。

体調を優先させてくれる上司。

母。


沢山の人に助けてもらった。

ありがとう。
【2010/01/30 15:50 】 | 日記 | コメント(1) | トラックバック(0) |
そうか、こうすればいいんだ!
エレベーターに乗るときに、乗っていた方がエレベーターの中で開くボタンを押して扉を開けてくれている時がある。

お気持ちはとても嬉しいのだけど、狭いエレベーターだと乗り込むときに
その方が障害物になって入れない事や、ぶつけないようにと、そっちにばかり気をとられて扉に衝突してしまう事が多い。

だから、せっかくのお気持ちを
「大丈夫です。出ていただけますか?」
と断ってしまい、申し訳なく思っていた。




今日も小さい女の子を連れたお母さんが、お子さんを先に降ろしたあと、エレベーターの中で扉を開けてくれていた。


その時、咄嗟に出たのが

「降りて外から開けていただけますか?」


お母さんは「はい!」と笑顔で対応してくれた。



そうか!
こう言えばお互い気持ちよく使えるんだね。
【2010/01/28 12:10 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ボルトかフクネか
散歩中の福を撮影
12645987390e.jpg


アングルを変えようとして、カメラを構え直した瞬間










目の前にいた。
12645987404d.jpg




おうっ!!





ビックリした~


福ちゃん速いね!



ハムスター界にもオリンピックあったら金メダル取れるよ。
(はい。親バカです。)

【2010/01/27 22:25 】 | 福風音(ふくね)日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
診察券扇子
20100126105412
年末の大掃除で診察券の整理をした。

EDSの診断を受けたあと、診てくれる病院が見つかるまで3年かかった。


不確かな情報でも、藁にもすがる思いで病院を訪ねた。



知らない病気だから診れない。

診てくれる病院は自分で探して。


どうすればいいか分からないから欲しい薬の名前を言ってくれたら処方する。

治らないんでしょ。


医師の言葉に何度も傷付いた。



私と同じ思いは、もう誰にもしてほしくない。
【2010/01/26 10:54 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「やっと渡せた!」
20100125201653
今朝は辛かった。
頭は動いているのに、だるすぎて身体が動いてくれない。

原因は、昨日の法事での無理し過ぎ。


たまにしか会わない親戚は、私の現状を知らない。

難しい病気らしいよ。程度だと思う。


車椅子や歩き方を見れば、足が悪いのは一目瞭然だけど、
他は元気だと思ってる。

見た目では分からない症状を説明するのってすごくエネルギーを使う。

見た目が何でもないからどんなに訴えても誰にも届かなかった時間が20年以上ある。

脱臼して目から火花が飛び散る位痛くても、
歩くことが怖くて堪らなくても、
誰にも伝わらない。


悲しくて、虚しくて、
いつしか発信する意欲を失い、もうこれ以上傷付かないように何も言わなくなった。

我慢して周りに合わせることが当たり前になっていった。


だから今でも、意識しないとすぐに我慢して、体に悲鳴を上げさせてしまう。


それじゃいけないと奮起して話すときは、大きな不安に苛まれる。

「きっとまた分かってもらえないよ。もうこりごりでしょ。黙ってた方が楽だよ。」と昔の自分が囁く。

その声を振り払いながら、ぽつりぽつりと話す。

今はそれで精一杯。



昨日は気持ちに余裕がなくて、昔の自分に負けてしまった。


もう今は昔と違うのに。
今は受け取ってもらえるのに。


分かっているのに…

何で出来なかったんだ。





体も心もぐったりした状態で2時間遅刻して出勤した。


乗り換え駅で待っていてくれたのは、仲良しの駅員さん。


先日、最近趣味で作っているビーズ編みのキーホルダーをプレゼントした。

そのお礼と言って、人形とブレスレットをくれた。

いつ会えるか分からないから、案内要請がある度にポッケに入れて待っていてくれたんだって。


その気持ちが嬉しかった。
もう少しだけ頑張ってみようと思えた。

ありがとう。
【2010/01/25 20:16 】 | 想う事 | コメント(0) | トラックバック(0) |
一緒に過ごす最後の夜
コメントのお返しもせず、次々更新してごめんなさい。

明日が父の納骨で落ち着かないのです。


これからもずっと父が見守ってくれている。

そう確信はあるものの、
物理的な父が家からなくなってしまうことに抵抗と寂しさがあります。
【2010/01/24 00:04 】 | | コメント(0) | トラックバック(0) |
きんかんタワー
スーパーで宮崎産きんかんの詰め放題をしてきました。


詰め放題好きの血が騒ぐ。


家に帰って、成果を確認。

20100123215805.jpg

1、2、3、、、、



29個入ってました。




きんかんタワー再現。

20100123215803.jpg



これで、398円。
お買い得♪


甘くて美味しいです。

半分はそのまま食べて、残りはきんかんハチミツにします。
【2010/01/23 22:00 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
食器の工夫
「陶器のお茶碗が重くて持ち上げるのが大変」と兄に話したら、こんなものを買ってきてくれました。
20100123125612.jpg
重量:73g

20100123125614.jpg
重量:74g


今まで使っていた陶器のお茶碗は145g。


約半分の軽量茶碗。

取っ手がついているお茶碗は汁物を持ち上げる時にとっても便利。

ご飯も取っ手がある方が持ち上げやすいでしょ、と電話があり
もうひとつ取っ手付きお茶碗を買ってくれるそうです。
内側のイラストも今あるのは猫だから、あれば違う種類を買ってきてくれるって。
何が来るかな♪



見た目も介護用品っぽくないから気にいっています。
【2010/01/23 13:40 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
寒さ対策   ~就寝編~

冬場は寒さで体がいつも以上に痛み、思うように動いてくれません。
筋肉が強張って、朝起きた時が一日の中で一番辛い。


少しでも体を温めるためにしている対策はこちら。

①湯たんぽ
20100123125616.jpg
火傷防止カバーのついた優れもの。
布カバーに入れて足元に置きます。
たまにお腹で抱っこします。
20100123125619.jpg

②靴下フル活用
使う靴下は2セット。
20100123125625.jpg20100123125627.jpg

ひとつは足用。
20100123125623.jpg
これは友達がクリスマスプレゼントでくれたもの。モコモコで温かい。
靴下は締め付けるから嫌いだけど、これは締め付け感が無いから履いていられます。



もうひとつは手袋代わり。
20100123125621.jpg
寝ている間に掛け布団から手が出て起きると冷え切っているので着けてみる事に。
これが大成功。
モコモコのゆるゆるだから締め付け感もないし寝つきも良くなりました。




これだけしても起きた時の痛みとだるさは消えないけど、何もしないよりはマシだと思い続けています。
【2010/01/23 13:36 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
今、時速何キロ?
現在、私を診てくれているDrや訓練士さん達はEDSを診るのは初めてだけど、
様々な患者を診てきた臨床経験から、
私の未来を、私より予想できてるみたい。


でも、これから何が出来なくなって、どんな症状がでてくるかなんて怖くて聞けないし、
今は知りたくない。


OTさんと使いやすい食具(スプーンやフォーク)の話をしている時に、
普通に持つとしんどいから、家では子供が持つようにグーの形で持っていると話すと、
指を使わずに持てる方法を提案してくれた。

その時にOTさんの「まだ先かと思っていたけど」という言葉で、
進行のスピードが先生たちの予想を上まっていると感じた。


そうか、いずれはこうなる事知っていたんだ。
それが思ったより早く来たんだ。。。


自分がどのくらいのスピードで進行しているのか分からない。
でも、それを知る勇気はない。



頑張り続けることにちょっと疲れているのかもしれないな。
【2010/01/23 13:22 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
無力感
最近泣くのは決まってお風呂に入っている時。

涙が頬を伝ってもお湯をかけちゃえば、涙だかお湯だか分からなくなるし、
多少声が出てもバチャバチャ湯面を叩けば、気付かれない。





生前父は、ベッドの上で泣きながら布団をグーで何度も叩いていた。

同じ事を、今私は湯船の中でやっている。



頭と体の不一致。
体の中に怪物が住み着いていて、そいつが好き勝手に暴れているけど
自分の力ではどうする事も出来ない。
そいつに従うしかない無力感。

悔しくて、悔しくて、言葉にならない気持ちが溢れ出る。



お父さんもこんな思いと闘っていたのかな。
【2010/01/23 13:05 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
今年こそ和歌山
と願い、エントリーしたコブクロファンフェスタ。

一年に一度だけ和歌山で開催される特別なコンサート。

今日が当落発表日。

ドキドキしながら結果を待つ。

今年は、当落するぞ!と願いを込めて、前向きに待つことにしたから
昨日も、おかめちゃんと当選したら早く和歌山のホテルを押さえようと計画を練っていた。



そして、運命の当落メール着信。



えっ!

あっ!!


おぅ…


「落選」



去年に続き2連敗。


でも、当たると信じて夢を描いた時間は楽しかった。


また来年頑張ろう。
【2010/01/22 00:06 】 | コブクロ紀行2010 | コメント(0) | トラックバック(0) |
こんなはずじゃなかった
車椅子通勤を始めてちょうど一年になる。

毎日毎日激痛に耐えながらの松葉杖での通勤が終了して、
激痛から解放されたと同時に、
何故だか
これで症状の進行も遅くなる。
いや、止まるかも。とさえ思った。





そんなことあるわけないのに、バカだよね。




やっぱり、錯覚だった。



全身の明らかな筋力低下を実感する。


少し前から身体の異変には気付いていたけど、
現実になるのが怖くて主治医に相談できずにいた。


だから、今日の外来で主治医からここ最近の私の歩き方が以前と違い、辛そうであることを指摘された時、ドキッとした。

観念して今の身体の状態を話した。



先週、筋電図検査をして麻痺がないことが確認されたから、ふらつきや足が上がらず摺り足状態で歩く原因は、筋力低下説が一番有力。


箸での食事も辛くなって、スプーンやフォークを使うことが増えていることも白状した。

OTさんと相談して、関節に負荷なく食事ができるスプーンやフォークを作ることになった。


主治医から「ひとりで抱え込まないで相談してね。」と声をかけてもらった。


見抜かれてた!?


一緒に考えて最良の方法をいつも探してくれる医療従事者に囲まれて幸せです。



でも、それとは別にこう思う。


こんなはずじゃなかった。。。


身体が壊れていく恐怖。




どうやら想い描いた線路には進めないみたい。


どこでポイント切り替わったんだろう。



これから進む未知の線路からはどんな景色が見えるのだろう。


そして、いつかその景色を美しいと思えるようになりたい。
【2010/01/20 21:53 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
なんか変
以前と労働量は変わってないのに、
軽減された分もあるのに、
以前より疲労感が強い。

夕方になると、腕も足も重だるくて立っているのもやっと。


仕事が終わる頃には疲れきってしまう。


去年の秋頃までは、ここまでの疲れは無かったのになぁ。


何が起きているのかわからないけど、
明らかに以前と違う。


怖い。
【2010/01/19 17:59 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
エレベーター優先順位って…
ハイヒールを履いた若いお姉ちゃんがエレベーターに乗って、私が辿り着く前に扉を閉めて降りていってしまった。

車椅子の存在に気付いてなさそうだったから仕方ないけど、ちょっと振り返って必要な人がいないか確認してほしかった。




あんな高いヒール履いてるくらいだから足は悪くないよね。

きっと内部障害を持ってるんだね。


そう思わないとやりきれない。
【2010/01/19 08:09 】 | 電動車椅子 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ゆずTシャツ
2005年にゆずの野外ライブがあり、ライブに着ていくTシャツを作った。

フェルトを切り取りTシャツに縫い付けた。

デザインの見本にしたのは、2002年発表のアルバム「ユズモア」
20100117184000.jpg
20100117184002.jpg


20100117181833.jpg

20100117181829.jpg

友達の分も含めて3枚作った。
製作期間は約半年。

パーツをひとつひとつ縫い付けて、目は刺繍したので、
すぐに腕や指が痛くなり、休み休み作った。







握力が弱くなり、痛みも強くなった後は、花の刺繍は出来なくなり
簡単な縫いつけだけで済むデザインに変更した。

友達の旦那さんが「ド派手でいいよ」と言ったので、思う存分ド派手に縫い付けた。
こちらは2008年に作ったもの。
20100117181831.jpg


Tシャツをプレゼントしたら、みんなとても喜んでくれて、今でもライブに行く時は必ず着てくれる。


ありがとう。
【2010/01/17 20:31 】 | ライブ | コメント(1) | トラックバック(0) |
覚悟した上で行ったけど、やっぱり辛かった
ゆずのコンサートに初めて行ったのは2002年。
それから、2007年のツアー以外は全てのツアーを観てきた。

どのライブも楽しくて、いつまでも聴いていたい気持ちで、ライブが終わって欲しくない、と思っていた。

でも、昨日のライブはそうじゃなかった。

ライブはとても楽しく大満足の内容だったが、
私のいた席は巨大スピーカーの平行線上で、音の振動が関節に響きじわじわと痛みが広がりだした。
また、リズムを取るお客さんの振動で、座席も揺れ続けていた。

手拍子が出来たのは、最初の数曲だけ。
あとは、立ち上がることも、手拍子も、拍手さえ出来ず、歯を食いしばり、
関節の揺れが少しでも減るように全身に力を入れ関節を固定して座り続けていた。


大好きなゆずの、
いつまでも聴いていたい大好きな時間なのに、

その時頭に浮かんでいたのは、


早く終わって・・・

だった。




盛り上がれば盛り上がるほど、音の振動も座席の揺れも強くなり痛みに耐えることで精一杯だった。


あんなに好きな「夏色」も「少年」も、耐える時間となってしまった。






前の列では、振り付けを真似して、手拍子をして、ジャンプして思うままに楽しんでいる女の子がいた。


それは、数年前の自分の姿でもあった。


数年前は全身でライブを楽しんでいたのに、今は座っているだけで精一杯。

たった数年で、ここまで失ってしまったのか。

悔しくて泣いた。
ひとり置いていかれた感覚になった。

私も振り付けしたかった。
手拍子したかった。
腕を思い切り上げて声援を贈りたかった。

でも、一時の楽しみの為に無理をすれば、後には取り返しのつかない代償を負うことになるから我慢した。

悔しかった。


できるのにやってはいけないから我慢するのが一番辛い。



コブクロや馬場さんは、どちらかと言うと「聴くライブ」
だから、私でも追いついていける。スピードで言えば、散歩。

ゆずは、「参加するライブ」
スピードはランニング。



置いてかれた感に陥ることはライブに行く前から分かっていた。
だから、今回のライブのチケットを取る時に行こうかどうかかなり悩んだ。


わざわざ失ったものを目の前で見て、傷口に塩を塗りこみにいくようなもの。



過去の栄光が忘れられず、今の楽しみ方がまだ出来ない私には辛いライブになると分かっていた。

でも、やっぱゆずが好きだから行こうと決めた。


行ったことは後悔していない。

が、

今は、次のツアーにも絶対に行きたい!とは思えない。



今の自分なりの楽しみ方に移行できなければ、今後もゆずのライブは楽しめない。
【2010/01/17 17:48 】 | 想う事 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ゆず
20100116114150
20100116114148
今日はゆずのライブです。
友達3人と行ってきます。

ゾウも鞄もゆず仕様。
【2010/01/16 11:41 】 | ライブ | コメント(0) | トラックバック(0) |
治らなくていいから
治らなくていいから。


一生付き合っていってもいいから。


エーラスダンロス症候群の症状を抑える、もしくは、進行を止める薬があったら
どんなにか幸せだろう。


薬で症状を誤魔化しながらでも、今より楽になるのなら、もうそれで充分。



頑張っても
我慢しても
報われることなく
衰えていく身体。


今まで出来ていたことができなくなる度に、掌に残るのは虚しさだけ。


出来なくなった生活に慣れる術は心得ているけど、

この虚しさは消えない。



前向きに生きることが苦痛に感じる時がある。


何もかも投げ捨てて、病気を恨み、やけくそになってみようとするが、、、


出来ない。



どんなに辛くても、
希望を探している自分がいる。

どんなに小さな光でもいい。


もがきながら、
自分だけの答えを探している。
【2010/01/15 23:28 】 | 病気 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ごめんね。
どうしてもっと優しく寄り添ってあげられなかったんだろう。


どうしてもっと笑顔を見せてあげられなかったんだろう。


どうして怒ってばっかいたんだろう。


どうしてもっと面会に行かなかったんだろう。


きっと、

当たり前に明日がくると思っていたから。

居なくなるなんて思わなかったから。



ごめんね。
お父さん。
【2010/01/15 00:47 】 | | コメント(2) | トラックバック(0) |
直球
20100114190952.jpg

このトイレ。
あからさま過ぎて、ちょっと使いにくい。
【2010/01/14 19:09 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トリプル低気圧
天気予報で日本列島に低気圧が3つ乗っている天気図を見た。


おぅっ…

犯人はこいつか!


右の股関節+膝+足首がギュウギュウに締め付けられるように痛い。

明日も仕事だから早く眠りたいが、今夜の邪魔は強敵だ。


同じ姿勢でいると痛みが増すから、
足を伸ばしたり、膝を曲げたり、足首をぐるぐる回したり。

今夜は足癖の悪い夜になりそう。
【2010/01/13 00:27 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
東京に初雪が降りました。

昼過ぎには雨に変わりましたが、

寒い!

寒いと関節痛が張り切ります。

雨でも張り切ります。


ダブルの今日は堪えます。

足指
足首

股関節


手首が痛みます。

特に膝は手術をした辺りがひっきりなしにズキズキ痛むので、つい歯を食い縛ってしまいます。


痛みは「気持ちの余裕」を食べてしまうから、
こんな日は、痛みに耐える自分が惨めに悔しく感じます。

なんで自分だけ…って。



でも、

凍えるような寒い日が一生続く訳じゃない。

通勤途中にある桜の蕾が、「もう少し我慢したら春が来るよ」
と教えてくれました。



寒さ堪えて力を蓄える蕾を見習い、

私も冬を過ごしています。

春にきれいに咲くために。
【2010/01/12 18:56 】 | 想う事 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ハムスター福風音 年始の抱負を述べる
20100110141851.jpg


こんにちは。
ふくねです。

新しい1年が始まりましたね。
皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?

ボクは寝正月でした。
まあ、一年中寝正月なんだけどね。

実はボク、元旦の朝にヘマしちゃったの。


ママの指を噛んじゃった!
ママが指先に栗きんとんをつけて、舐めさせてくれたんだけど、
一口舐めたら、あまりの美味しさに勢いが止まらなくなって、
指ごとかぶりついちゃった。


血はすぐに止まって、ママは笑って許してくれたけど、

ごめんね。
痛かったよね。
ビックリしたよね。

栗きんとんじゃない!って気付いたボクもビックリしたよ。


こんなアンラッキーな幕開けになったけど、ママはすぐに運を取り戻したんだよ。


スーパーで福引きしたら、ハズレもいっぱいあったのに、ママは2回引いて2等と3等を当てました。

2等は苺。
3等はお菓子。


苺をお裾分けしてもらったけど、ボクには酸っぱくて食べられなかった。残念。。。

小さなラッキーだったけど、ママは「去年は悲しいことがたくさんあったから、今年は良いことがたくさんあるね。」って喜んでたよ。


ママもまんま(母)も、お父さんがいなくなって初めてのお正月だから何か変だねって言って、何もする気が起きないけど、
ボクがいるおかげで生活リズムが保てるし、寂しさも紛れるんだって。


ボクがお腹出してぐーぐー寝てる姿や、おやつおねだりする姿を見ると、二人が笑ってくれるんだよ。


ボクはいつも可愛いがってもらって、いっぱい幸せもらったから、
今年はボクがママとまんまを幸せにするんだ。


みなさんにとっても素敵な1年になりますように。

今年もよろしくお願いします。


ふくねより。
【2010/01/10 14:20 】 | 福風音(ふくね)日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。