コブクロ紀行2009 完結編
8/22から始まったコブクロのCallingツアーも昨日ファイナルを迎えた。

私は9/16~11/27までの3ヶ月間で5公演に参加することが出来た。

9/16  大阪城ホール
9/26  さいたまスーパーアリーナ
9/27  さいたまスーパーアリーナ(直前トレードで急遽参加)
11/18 横浜アリーナ
11/27 日本武道館

チケットを取った時点で、9月も11月もライブとライブの間隔が短いから体力が回復するか不安はあった。


でも、体調が原因でのキャンセルは絶対にしたくなかった。


ライブ前後は無理をせず、仕事以外はおとなしく過ごし体調を整えた。
それでも、万全の体調で迎えられたライブは無く、不安を抱えたままの参加になった。

鎮痛剤は常に持ち歩いているが、もっともっと強力な薬のおかげでどのライブも楽しめた。



それは友達の存在。

大阪遠征した時は数日前から頭痛と肩凝りで当日もかなり体調は悪かった。
それに加え、長時間の移動で体への負荷はかなりのものになっていた。
でも、友達二人の支えのおかげで、辛いとは感じなかった。
今思い出しても楽しかったことばかりが浮かぶ。
いつか行きたいと願い続けた大阪公演を、大切な友と共有できた事は一生の思い出になった。


埼玉は車椅子席で観た。
指定席で観れる友達を巻き込んでしまう申し訳ない気持ちがあった。
でも、その思いを受け止めて一緒に車椅子席で楽しんでくれた友達に感謝。


横浜は指定席で観た。
体調は今ツアーで最悪に悪かったけれど、やりたいことが出来ない悔しさを分かってくれている友達が、辛さを吹き飛ばしてくれた。
二人で手を取り合って大喜びして幸せだった。
新しい出会いもあり、自分が心を開けば枝葉は広がっていくんだと知った。


武道館は席が離れ離れになってしまったけど、そのおかげで友達との絆は深まった。
1曲目の「サヨナラHERO」のイントロが流れた時は、いつも傍にいて3ヶ月間共に戦ってくれた友が隣に居ない事が悲しくて涙がこぼれたが、
終盤の「轍」でお客さん全員でコブクロに大合唱を贈る時は、離れていても一緒にこの歌を歌っていることが嬉しくて涙がこぼれた。









ある意味自分との闘いだった3ヶ月が終わった。

自分の弱さと向き合い
自分の強さに気付き
ほんの少しだけど、自分に優しくなれた。

たくさんの幸せを貰い、
新しい出会いや、
念願の再会にも恵まれ、
生きていて良かったと思える瞬間に何度も遭遇した。


近くで、遠くで、私の笑顔を心から喜んでくれる友達の存在を改めて実感した。
暗闇の海に落ちても、灯台が自分を照らしてくれている。
優しい光に見守られているから、怖くても進んでいける。






本当に楽しかった。
ありがとう。
スポンサーサイト
【2009/11/29 15:35 】 | コブクロ紀行2009 | コメント(6) | トラックバック(0) |
お得感
リハーサルの音が聞こえてきた。

あっ、コビィの声だ♪

黒ちゃんの声も!


リハーサル聞くの初めて。
【2009/11/27 16:37 】 | コブクロ紀行2009 | コメント(0) | トラックバック(0) |
武道館着
20091127162517
20091127162514
着きました。

すでにたくさんの人がいます。

一年半ぶりの武道館。
【2009/11/27 16:25 】 | コブクロ紀行2009 | コメント(0) | トラックバック(0) |
駅にて 駅員さんありがとう
コブクロ好きの駅員さんが改札にいた。

こんにちは


こんにちは


今日はコブクロなんです♪

い~いいですね~
どこですか?


武道館です


おー!いい~ですね~
いってらっしゃい♪


いってきます♪



駅構内で車椅子を押してくれる駅員さんもコブクロを聴いているそうで、
電車に乗り込むときに、

楽しんできてくださいね♪
と言って送り出してくれた。

元気もらった。

よ~し、楽しむぞ♪♪
【2009/11/27 12:49 】 | コブクロ紀行2009 | コメント(0) | トラックバック(0) |
武道館へ
20091127124846
出発しました。

毎日通る道。

こんなに紅葉してたんだ。

綺麗なのに気付かなかった。

気付けなかったのかも。



♪だからそうだよ くじけそうな時こそ遠くを見るんだよ チャンスは何度でもきみのそばに♪

馬場さんの歌が聴こえた気がした。
【2009/11/27 12:48 】 | 馬場俊英 | コメント(0) | トラックバック(0) |
エレベーター 明と暗
今朝の出来事。

エレベーターに男子高校生と同乗した。

地上階に着いて扉が開く。
高校生が先に降りる。

後から降りる私の為に開ボタンを押していてくれた。

なんだ、当たり前のことじゃん。

と思ったあなた。

現実は当たり前じゃないんですよ。

そのまま行ってしまう人が圧倒的に多いんですよ。


朝からとってもあったかいココロになれた。

ありがとう。



夜の出来事。


エレベーターまであと数メートルの時。

走ってきた中年男性がエレベーターに乗り込んだ。

急いでいる様子。

私とエレベーターの距離、1メートル。


明らかに、乗ってくるなオーラを出してこちらを凝視している。


嫌がってる人のとこにわざわざ乗り込むほど、こっちもお人好しじゃない。

わざとスピードを落とし、乗らない意思表示。

扉は閉まった。




1日で正反対の出来事に遭遇した。


若いからマナーがなってない訳じゃないし、
人生経験があるからって思いやりを持っている訳じゃない。


結局は、『人』なんだ。
【2009/11/26 18:57 】 | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
前日の過ごし方
明日はいよいよ武道館でコブクロライブ。

ツアーセミファイナルであり、私にとってはファイナル。

色々な思いはあるけれど、今は落ち込んでる場合じゃない。


ライブが終わってからでも落ち込む時間はあるから、今は前日を楽しもう。


明日の予定はこう。

3人が集合しやすく、勝手知ったる駅に集合して駅ビルのレストランで遅昼を食べる。

夕飯用のパンを買って時間に余裕を持って武道館に出発。


ツアートラックの前で記念撮影して、買い残したグッズをどうしようか悩んで、
スタッフの方に車椅子席で観ることを伝えて入場。




今日の過ごし方は、

①時計を見ては、明日の今頃は…とニマニマする。

②今日の仕事が終われば…(ムフフ♪)を励みに仕事を頑張る。

③ルンルン気分で荷造り。チケット、EMTGカード忘れずに鞄に入れる。




さあ、今日も1日頑張ろう。
【2009/11/26 08:06 】 | コブクロ紀行2009 | コメント(0) | トラックバック(0) |
これからどうなるんだろう
今までの痛み方と少し違う痛みが出てきた。

今までよりもレベルアップしたハイクラスの痛み。

歩くのが難しいくらい辛い痛み。


25日は前日の業務終了後から出始めたこのハイクラス痛が延長戦を続けた為
仕事を休んでしまった。

急な欠勤なのに、心配してくれた上司と相方に感謝。

これからを思うと、すごく不安になる。

今はまだ仕事も出来てるし、日常生活も一人でできてる。

でも、この先、どうなるんだろう。

誰かの助けがないと生活していけなくなる日がくるのかな。

家族に負担をかけたくない。

父の介護で自分の時間を全く使えない母を見てきた。

そんな母の姿を見ていて、
もし私が人の助けが必要になっても、母には頼りたくない。

私の為に母の時間を使わせたくない。

どうしても必要になるなら介護を仕事にしている人に頼みたい。

と思う。

介助犬の申請も考える。





どうなるかなんて誰にも分からないし、
悪い予想通りになるとも限らない。


だったら、どうなるんだろうなんて考えない方がいいのだろうけど、

不安になると、小さな隙間から風のように「どうなるんだろう」が入り込んできて竜巻となり、吹き上げられてしまう。

母に不安を話せたら、それだけで少しは楽になるだろうけど、聞いた母の精神的負担を考えると今は話せない。

父のことでいっぱいいっぱいの母に
さらに私の不安を上乗せすることは出来ない。



竜巻が去った跡はごちゃごちゃになってるから、荷物整理します。


「捨てちゃっていい」気持ち

「そのままでいい」気持ち

「向き合った方がいい」気持ち


荷物整理して必要なものを背負ったら次のステップに行きます。
【2009/11/26 02:10 】 | 病気 | コメント(4) | トラックバック(0) |
本音
前の記事にはああ書いたけど、

ホントは悔しくてたまらない。



席なんてどうだっていいじゃん。

子供じゃないんだから一人でも観れるでしょ。



ごもっともです。


でもEDSでなけりゃ、

友達3人とコンサートに行って並んで観る。


当たり前の事が当たり前に出来たのに。


友達と一緒に観たい。
ライブに集中したい。
盛り上がりたい。
ウェーブしたい。


当たり前の事なのに、

私が願うと
欲張りになってしまう。



毎日、いっぱい我慢してるのに。


悔しいよ。

悔しいよ。


誰も見てないから泣いてもいいよね。
【2009/11/25 00:19 】 | コブクロ紀行2009 | コメント(3) | トラックバック(0) |
武道館、どうしようかな…
いや、もちろん行きますよ。


どうしようか悩んでいるのは座席。


車椅子席で観るか。
それとも指定席で観るか。

武道館には、おかめちゃんと、コブクロ初ライブのサーフィンちゃんと3人で行く。


私とおかめちゃんにとってはCALLINGツアー最終日。
サーフィンちゃんにとっては人生初コブクロライブ。
半年以上前からずっと楽しみにしてたんだよね。


初コブクロが車椅子席では申し訳ないと思ったが、二人ともどちらの席にするか私に任せてくれると言う。
ただし、3人一緒が約束。

寒くなってから関節痛が増していて、先日の横浜アリーナでのライブでもかなりの痛みに苛まれたから、体調が少しでも優れなければ車椅子席で落ち着いて3人で見ることにした。


昼休み中にデイスクガレージに電話して車椅子席を確保。
そこで、予想外の情報を入手。


「車椅子の付き添いは1名まで」


なぬっ!


と言うことは、

車椅子席を選択すれば3人一緒でいられなくなる。


おかめちゃん、サーフィンちゃんは指定席で観てもらって、
私は車椅子席で観る案を、実は事前におかめちゃんに相談していた。


おかめちゃんの答えは、NO!


二人に遠慮して自分だけ車椅子席に行く事に対してのNOだった。


だったら3人一緒に車椅子席で観ようよ。


お互いが納得した答えだったのに…



去年の5296ツアーを思い出した。

あの時はチケットが1枚しか取れなかったから一人で車椅子で観た。

ライブは鳥肌が立つくらい感激したけど、大観衆から離れてどこか寂しかった。

でも、今年は車椅子席で観た時も、喜びも悔しさも分かち合える友が一緒に居てくれたから寂しくなかった。



指定席で頑張ってみようかな。


2階後方の席まで急な階段登れるかな。


おかめちゃんやサーフィンちゃんの笑顔見たいな。



24時間の内、たった3時間でいいから

痛みよ、消えてはくれまいか。


私の人生からいなくなれって言ってる訳じゃないんだよ。


一生付き合っていくのは知ってるから。

認めるから。


だから、

せめて、


私の大好きな3時間には入ってこないで。




ってどんなにお願いしても訊いてはくれないんだよね。


今も、股関節から足首にかけて睡魔さえ追っ払う痛みが貼り付いている。







きっと、私は車椅子席で観ることになると思う。


おかめちゃんとサーフィンちゃんは、指定席で観てね。


大丈夫。

同じタイミングで、笑って

同じタイミングでで拍手してるから。


大丈夫。

姿は見えなくても、二人の笑顔は目に浮かぶから。



せっかく取れた貴重なセミファイナルのチケットだもの。

それぞれの場所で楽しもうよ。




とは言っても、
明日になったら気持ちが揺れているかも…
【2009/11/25 00:16 】 | コブクロ紀行2009 | コメント(0) | トラックバック(0) |
わかってるよ
横浜アリーナでのコブクロライブ。

今回は車椅子席ではなく、指定席で観ました。
過去最高の良席で、花道に来ると間近で黒ちゃん・コビィが観れて大感激でした。
(黒ちゃんのつむじは時計回り、だって分かるくらい近いんです!)

いつも、指定席で観る時は、足への負担を考慮して周りは立っていても盛り上がる曲以外は座って観る事にしています。

本当は全部立って観たいです。

でも、私の体では無理なんです。

周りが立って聴いている中、一人座るのは内心穏やかではありません。

「音楽を聴きに来たのだから見えなくてもいいじゃない」と落ち込まないように自分で自分に言い聞かせて前向きに座っています。


横浜アリーナのライブは本当に観やすい席で、歌う姿がとても良く見えました。
「聴きにきた」のはもちろん1番の理由ですが、パフォーマンスもライブの魅力です。

立って観たい。
歌う姿を見たい。
立って全身で音楽を感じたい。


どんな時も体調優先できたけれど、たまにはワガママもしたくなりました。
いつも良い子じゃ疲れます。

大好きなコブクロと同じ空間に居られる大好きな場所でさえ、我慢しなきゃならない事が悲しくなりました。


後半の盛り上がる曲目白押しコーナーのしょっぱなで、足にかなりの痛みが出始めました。
普段ならベッドに倒れこんで唸るレベルの痛みです。

でも、立っていたかった。
痛みを我慢して、気力で誤魔化して立ち続けました。
そのうち、右足が限界をこえてぶるぶる震えだしました。

途中、少しだけ座りました。

それでもすぐに立ち上がると、横にいる見返りおかめちゃん(以下おかめちゃん)が
「倒れそうになったら掴まりな」と自分の肩を指差してくれました。


思うままに体を動かしてライブを楽しめない悔しさを知っているから、
おかめちゃんは「音楽を聴きにきたのだから座ってなよ」とは言いません。

黙って見守ってくれるその優しさがとても嬉しいのです。

私の隣にいる事で遠慮されることが辛いのも知っているから、おかめちゃんは遠慮せず思いのままに体を動かしてライブを楽しみます。

遠慮しないでいてくれる事が嬉しいのです。


終了してアンコールが始まるまでの間、ずっとおかめちゃんが痛む腰と背中をさすってくれました。

そのおかげでアンコールが始まるとすぐに立ち上がることが出来ました。
でも、数分の休憩では完全回復するはずもなく、すぐに痛みが再燃しました。

あと少しなんだから、姿を見ていたい。
足!頑張って!!!


他人と比べてもなんにもならない。って頭では分かっているけど、
なんで自分だけこんな我慢しなきゃいけないの・・・
と悔しい気持ちに溺れる事があります。

当に、アンコールがそうでした。


もう意地を張って立っていました。
その時、ステージの黒ちゃんを見ていて、

もし、今の状況を黒ちゃんが知ったら
きっと「そんなに無理せんでええよ。」と言うだろうなと思ったら、
素直に座る事ができました。


終演後、おかめちゃんが「よく頑張ったね」と労ってくれました。


いつも弱音は吐かないけれど、今なら、おかめちゃんになら、素直になってもいいかな。



「ほんとは全部立っていたかった」
と涙ながらに言うと

「うん。わかってる。わかってるよ。」
と泣いてくれました。



悔しさも悲しさも分かってくれてる人がいてくれる。
どんなに心強いか。

おかめちゃん。
あなたの優しさに触れて私は本当に幸せ者です。
武道館セミファイナルも楽しもうね。
【2009/11/23 00:43 】 | コブクロ紀行2009 | コメント(2) | トラックバック(0) |
コブクロ横浜(ネタバレあり)
今日は横浜アリーナでコブクロのコンサートです。

同じ日のチケットを持っていた事が縁で仲良くなった友達とお昼を一緒に食べます。

昨日の雨と打って変わって好い天気です。
お日様が暖かい。
でも風は冷たい!


またあの幸せに溢れた時間に身をおけることが嬉しいです。


今回のツアーでは「今日の一曲」と言って毎回違う曲を歌うコーナーがあります。

昨日は「光」でした。
光大好きだから聴きたかったなぁ。

今日は何だろう?
当日のリハーサルで決めるので、事前に分からないのもワクワク感が増します。
楽しみ♪
個人的には風見鶏かDOORを歌って欲しい。
でも風見鶏は他の公演で歌っちゃったしなあ。
【2009/11/18 12:29 】 | コブクロ紀行2009 | コメント(3) | トラックバック(0) |
馬場さんありがとう
昨日は馬場俊英さんのコンサートでした。

渋谷CCレモンホールの車椅子席はサイドの最前列。
真横からステージが見通せる。
車椅子で良かった、と思える数少ない場所。

最前列で観れることだけで嬉しいのに、更に嬉しいサプライズがありました。

馬場さんのライブには今回で4回目だし、
馬場さんと直接お話をしたのは、去年の握手会でのほんの少しだけの時間だったのに、
私のことを覚えていてくれたんです。

ステージ上から、客席の端っこにいる私を見たら、あっ!と一瞬ビックリした後満面の笑みで指をさして手を振ってくれました。


一緒に行った友達と手を取り合って大喜びしました。


馬場さんの歌は
「本当にこれでいいのかな?」と自信が持てないことに、
「それでいいんだよ」と背中を押してくれます。

もっともっと、もっともっと頑張らなくちゃ!!!!!
とカッチンカッチンになった心に、
「そんなに頑張らなくても、焦らなくてもいいんだよ。あなたの歩幅で歩いていけばいいんだよ」
と語りかけてくれます。


鎧で覆った心の凝りが涙と共に溶けていきました。

新曲の「明日に咲く花」
今の自分に一番必要な歌になりました。

馬場さんから貰った希望の灯りを提灯に燈して
また少し笑顔で歩いていけそうです。
【2009/11/15 17:15 】 | 馬場俊英 | コメント(0) | トラックバック(0) |
馬場さんライブ
20091114144855
今日は渋谷で馬場さんのライブ。

昨日フェルトでババワッペン作製。

最初、馬場さんの似顔絵を書くも似ず… 断念

馬場さんと言えばピース
だが、
ピースが切り取れない…断念


試行錯誤の結果、音符♪+BABAロゴに決定。

本当は♪の上に風見鶏を付けたかったけど、風見鶏が切り取れなかった。


友達を巻き込むため2種類作製。


今夜はまた雨が降るみたい。

そう言えば日比谷も雨だったなぁ。




今夜は馬場さんの歌に癒されてきます。
【2009/11/14 14:48 】 | 馬場俊英 | コメント(4) | トラックバック(0) |
ダブルパンチ
寒さと雨のダブルパンチ。
膝から下と肩が痛む。

でも今日の仕事はちょっとハード。

どうやってこなしていこうか段取りをシュミレーション中。

体はかなりしんどいけどやらなきゃいけない事がある時は自分との戦いになる。
さて、今日はどんな試合になるかしら。
【2009/11/11 08:01 】 | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
幸せ探検隊
仕事帰り、父に面会してきた。

今日は意識鮮明で顔を見るなりすぐに私だと気付いてくれた。

意識レベルにも波があるみたいだ。


言語障害の父との会話は、ジェスチャーと時々出てくる単語をヒントに、クイズ出題者と解答者のようなやりとりで進行していく。

「窓から観覧車がみえること。」


「拘束手袋のボタンが気になること。」


これが分かるまでに30分。

分かった時はお互いニッコリ。

途中なかなか私が理解出来なくて、父がかんしゃく起こして汗だくになってしまった。

拭けるところをタオルで拭いた。


こんな何気無い日常、

もう来ないと思っていたから嬉しい。




【2009/11/10 19:39 】 | | コメント(0) | トラックバック(0) |
馬場さんライブカウントダウン
そうだ、辛い時こそ楽しい事探そう。

馬場さんのコンサートまであと5日♪

コブクロにもゆずにも開けられない心の扉を、
すんなり開ける力が馬場さんの歌にはある。

そんな歌達を生で聴ける。

ライブ前の気持ちは
ワクワク感というよりは、安堵感が強い気がする。

体も気持ちも耐えて過ごす日々の中で、一息つける休憩所が馬場さんのライブ。
マラソンの給水ポイントって感じかも。


そうこうしている内に、鎮痛剤が効いてきました。
完全に痛みが消える訳ではないけれど、これくらいなら眠れそう。
【2009/11/10 00:24 】 | 馬場俊英 | コメント(0) | トラックバック(0) |
眠りたいのに…
久しぶりに痛くて眠れない。

膝から下がズキズキ。

仕方なくロキソニンとブルフェンを内服した。


最近、装具を着けても歩くのが辛い。
一過性のものであってほしい。
【2009/11/10 00:09 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
現実を受け入れるのはそんなに簡単じゃない
棚の上にある目覚まし時計が床に落っこちて電池が飛び出してしまった。

電池を拾ってセットしていた時、
急に脳裏に元気な頃の父の姿が浮かんだ。

時計やリモコンの電池を取り替えるのは大抵父の仕事だった。

父が脳梗塞で倒れて以来、元気な頃の父が浮かぶことはなかったのに。

大きな手で器用に小さな電池を取り替えていた父。

手先が器用で、こんがらがった私のネックレスもよくほどいてもらった。


現実の父は鼻腔栄養で手を拘束されていて、脳障害の影響ですぐには私が誰だか分からないし名前も思い出せない。

元気な頃の父を思い出すと辛すぎて、
父に会いに行けなくなる。
だから、これ以上脳裏に元気な父が浮かばないように気をそらした。


こんなに早く親が老いていく姿を見るとは思わなかった。

私は父から何を学ぼうとしているのだろう。
【2009/11/09 00:12 】 | | コメント(0) | トラックバック(0) |
コブクロ紀行2009 11月編
11/18のコブクロのチケットが届いた。

大阪も埼玉も友達の家にチケットが届いたから、宅配便で届いた封筒の封を切って
チケット座席を確認するのは今回が初めて。


ドキドキドキドキ


裏側に出して、一気にひっくり返した。

アリーナD 8列目


どこだ!?

ネットで座席確認。

おおおおおっ、
黒ちゃん側でかなりステージに近いじゃない

やっぱりチケットが届くとワクワク度は急上昇するね

未来の不安を考える時間も
未来の楽しみを考える時間も
使うのは同じ時間。

不安を考えてもきっとなにがどうなる訳でもない。
だったら、楽しい事に時間を使おう。

そう言ってもなかなか出来ないけど、
目標に掲げて頑張ってみよう。

【2009/11/08 22:50 】 | コブクロ紀行2009 | コメント(0) | トラックバック(0) |
幸せ探検隊
宅配便の不在票が入っていた。

送り主はローソンチケット。

あっ、コブクロだ♪

再配達してもらおうっと♪♪

その前に買い物行っとこ。
【2009/11/08 14:06 】 | 幸せ探検隊 | コメント(0) | トラックバック(0) |
衝撃大
以前から足の違和感や筋肉のぴくつきがあったが、大して気にしていなかった。

リハ科の主治医にぴくつき現場を診てもらい、念のために内科の主治医の診察を受ける事になった。



今週の木曜日に診察を受けてきた。

ぴくつく箇所や時間、違和感の詳細を話して、
問診と触診の結果、
驚きの診断が出た。

膝周囲の神経圧迫による麻痺が起きている可能性が高い、と。


関節が緩いから、ずれて周囲の神経を圧迫しているらしい。
その証拠に、装具で圧迫してしっかり固定している時は、ぴくつきも違和感も無い。


主治医は
(EDSの臨床)経験が無いから消去法で診断をしていくけど症状から見て、
麻痺の可能性が高いと思う。

良くするって方法は難しいけど、装具で固定して神経圧迫を軽減することが大事だよ。
膝の装具はしてないの?


膝装具は圧迫による痛みが強くて辛いから、歩き回る仕事の時以外は外している。
と話すと、

少し悩んだ後、

痛みと麻痺を天秤にかけてどちらかを取るしかないね。

とすまなそうに話した。




「治らない事には慣れてるから」

と軽くかわしたが、内心は大嵐。






へっ・・・

麻痺?

筋肉疲労じゃないの?

なんよ、麻痺って・・・

いずれ歩けなくなるのかな・・・



次から次へと症状が増えていって、もうウンザリだよ。
こんな体、嫌だ。

その日の帰り、いろんな気持ちが混ざって勝手に涙が溢れてくる。

人前で泣くのは嫌だ。
歯を食いしばって我慢するが、電車に乗って堪えられなくなった。

降りるまで2駅。
ホームでは顔馴染みの駅員さんが待っていてくれる。
泣いて降りてきたらビックリさせちゃうから、深呼吸して涙を引っ込めて
なんでもない顔して駅に降ろしてもらった。

家に着く前にさっき引っ込めた涙を出し切らないと、母の顔を見たら泣いてしまいそうだったから
自宅前の公園でハンカチをくわえてビービー泣いた。

父の事でいっぱいいっぱいの母に更なる精神的負担をかけるわけにはいかない。

泣き尽くして目が赤くなってしまったが、前髪で隠して帰宅した。


寒くなってから急激に関節痛が悪化して精神的に参っている時に、麻痺の診断。
結構なパンチをくらって撃沈中。。。

ただ、落ち込んでも何も事態は変わらないこともわかってるから、少しでも楽しい事を考えるようにしている。

しかし落ち込みが大きい分、楽しい事を思い浮かべても都会に降る雪のように積もらず消えていってしまう。


来週には馬場俊英さんのコンサート、
その後にはコブクロコンサートが2回待っている。


きっと、コンサートでいっぱい元気を充電できる。
そう信じて・・・
【2009/11/08 00:57 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
父ICU脱出、娘関節痛再燃
父は昨日一般病棟に移動しました。

予想外に早かったです。

ここはどこでなにがあったのかを母に聞いていました。

記憶がぶっ飛んでいて、倒れた日から4日も経過していることが信じられない様子でした。

燕下機能が低下しているようで誤燕しているので、今日も経管栄養でした。

でも、今日は車椅子に乗れたそうです。


私は、関節が痛く今日は仕事を休み、面会にも行かずお風呂に4回入りました。

寒くなるとこんなにも関節が痛くなるとは…

喉元過ぎればで、去年の冬の痛みをすっかり忘れていました。

春までの5ヶ月。
このしつこい痛みと同居するのかと思うと、ちょっぴりため息が出ます。

まあ、もうしばらくすれば、常に痛いのが当たり前になるから、成るようになるでしょう。

明日は祝日で、兄と母は父の面会に行きますが、
私は体力温存の為、留守番です。
【2009/11/03 01:33 】 | | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |