ギリギリ
母が過労で倒れた。

私は家事と父の介護で関節を痛めた。

どうにもならなくなり、緊急一時のショートステイに父を入れた。


介護は気持ちにノリシロがないと出来ない。

思い通りに私や母が動かないと、舌打ちをして不平不満ばかりを口にするくせに絶対に感謝の言葉を言わない父親に心底腹が立った。
母も私もフラフラなのに自分で出来ることまで、
今すぐしなくていいことまで
いちいち呼び出してやらせる父親が情けない。


昔から依存心の強い人だけど、体が不自由になってから拍車がかかっている。

いつも、辛いのは自分だけ。
何もかも周りのせい。


60歳で車椅子・全介助生活になり、
失語症で言いたいことがうまく言えず、
相手の言っている複雑な会話が理解できず、

一番辛いのは父親だと、

頭ではわかってる。

他人だったり、距離を置いているなら
そういう状態を受け入れて優しく接することができるだろうが、

一緒に暮らしていると近すぎて感情がぶつかってしまう。




母を助けられない自分。
父に優しくなれない自分。
この2日間私の心を埋め尽くす怒りの本当の方向は

理不尽な父に、ではなく、
不甲斐ない、情けない自分に向いている。

もっと優しくなりたいのに、出来ないから涙が次から次へと溢れてくる。


父をショートに預けて、今帰りの車の中。

正直、ホッとしている。

頭を冷やす時間が出来た。
介護を苦に心中や殺人に走ってしまう人の気持ちが、今ならほんの少しだけどわかる。
スポンサーサイト
【2009/08/30 17:40 】 | | コメント(2) | トラックバック(0) |
幸せ探検隊
20090827181815
今日の嬉しかったこと。


空を見る余裕を持てるようになった自分。

夕陽がきれいだ。
【2009/08/27 18:18 】 | 幸せ探検隊 | コメント(2) | トラックバック(0) |
自然の力
右腕の痛みか強くて午前中お休みをいただいた。

現在出勤中。

日差しは強く、セミも大合唱していて夏そのものだけど
秋の風が吹いている。

季節がリレーをバトンするこの時期が一番好き。

ふたつの季節の中を帆風と歩いている。

腕の痛みは相変わらずで気持ちに白波が立っていたけど、
風に吹かれて穏やかな波に戻りつつある。

自然の力は偉大だ。
【2009/08/27 12:17 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
福風音運送 営業中
福風音さんは、毎晩9時にリビングへ出勤します。
最近、頬袋にお弁当(固形飼料)を詰めてお出かけするのが日課です。

お弁当は、台所近くの3段ボックスの下段左奥に貯蔵しています。

毎日片付けてしまうのは可哀想なので、1週間に1度回収します。



先ほど回収してきました。
20090825220137.jpg
大小18個。丸いのは福風音が齧った痕です。


すぐに捨てようかとも思いましたが、散歩途中の福風音さんの前に置いてみました。


注意:福風音の動きが速過ぎるため、これから先の写真はかなりブレています。ご了承下さい。






20090825220135.jpg
「お弁当がこんなにいっぱい!!わ~~~~い」
無我夢中で詰め込みます。




20090825220133.jpg

まだまだ詰め込みます。



20090825220131.jpg

ほっぺが膨らんできましたね。




20090825220122.jpg
もう無理だって!ってとこまで詰め込みます。




ほっぺがいっぱいになったところで、貯蔵庫へ移動開始!
20090825220126.jpg

頬袋が肩甲骨の下まであるのがわかりますか?



ちなみに、こちらが頬袋に何も入っていない状態です。
20090825220117.jpg





貯蔵庫へ急ぐ福風音さんには申し訳ありませんが、正面のお顔を撮らせてもらいました。











20090825220128.jpg
頬張り過ぎでお口が閉じてないよ(笑)





1回では全てを運べなかったので2回に分けて運びます。


2回目の運搬中にもう一度お顔の写真を撮らせてもらいました。









20090825220124.jpg
ふくちゃん、こぶとり爺さんみたいだよ

お弁当いっぱいもらってよかったね。







でも、ごめんね。
ふくがおうちに帰ったあと、捨てちゃった。

【2009/08/25 22:40 】 | 福風音(ふくね)日記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
幸せ探検隊
今日の嬉しかったこと。

仕事でピンチに陥った時に、同じ部署のスタッフが助け船を出してくれて、ピンチから脱出できた。

その後もスタッフ間で情報を共有して、問題解決の対策をとることが出来た。


忙しい中、ありがとう。

チームで働くっていいね。
【2009/08/25 18:42 】 | 幸せ探検隊 | コメント(0) | トラックバック(0) |
変身
20090824184906
美容院に行ってきました。今までで一番のショートかもしれません。

一緒に写っているのは7年近く私の髪を切ってくれている美容師さん(店長さん)です。

写真の顔はどういう訳だかイカツイですが(本人に承諾済み)、
ほんとは優しくて面白くて腕も抜群です。

私の髪質や好みを私以上に分かっているので安心して任せられます。

一度安いからって近くの美容院に浮気してひどい目に遭って泣きついた時も、素敵な髪型に変身させてくれました。

片道1時間と少し遠いけれど、毎回楽しみに通ってます。

店長さん。
いつもわがままな注文いっぱい言ってごめんなさい。
どんな抽象的なイメージも具現化してくれてありがとう。
重たい帆風を階段の下まで降ろしてくれてありがとう。
腰、大丈夫だったかなぁ…
【2009/08/24 18:49 】 | 日記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
幸せ探検隊
今日の嬉しかったこと。

電車に乗って空いていた角っこに行こうとしたら、後から乗ってきたお兄さんが先に到着。

どうしよう。電車のど真ん中にしか場所がないけど、このままじゃ乗り降りの邪魔になる!
とワタワタしていたら、

左角に立っていたご老人が「ここくるかい?」と場所を譲って下さった。

それに合わせてその場にいた乗客の方も移動するスペースを作って下さった。

ありがとう。
【2009/08/24 14:11 】 | 幸せ探検隊 | コメント(0) | トラックバック(0) |
満員電車
新宿駅で急に乗車率120%になりました。
ブレーキをかけているのに後ろの乗客に押されて(押したくて押してる訳じゃないです)車椅子がじわりじわりと前進します。
前の方の足に当たらないかヒヤヒヤ。

ショルダーバッグがあと2cmで顔に直撃します。

満員電車。恐ろしや。
【2009/08/24 09:24 】 | 電動車椅子 | コメント(2) | トラックバック(0) |
乗りたい電車に乗れない
今日は大学病院に行きます。
アトピーの診察です。

最寄り駅からは50分程電車に乗ります。
まだまだ通勤時間中。

普段の通勤時は駅員さんの決めた車両に乗ります。
車椅子スペースではなく混雑している車両に乗ります。
2駅だけど他の乗客の迷惑にならないようにかなり気を使います。
それでも、「邪魔だ」と言われたり車椅子を押し退けようとする乗客もいるので長時間乗るときは、予め車椅子スペースに乗せて欲しいと駅員さんにお願いすることにしました。

今日はその1回目。
8:10に駅に着きましたが、8:13発には下車駅への連絡が出来ないので見送りました。

1両目最後尾の車椅子スペースに乗せて欲しい。とお願いしてホームの先頭に移動し、8:18発の電車を待っていました。

すると、8:16に駅員さんの無線に、
1両目だと下車駅のホームが狭くて降りられないから10両目に移動して欲しい、と連絡が入りました。

2分で最後尾まで移動するのは不可能なので、8:18発の電車も見送りました。

8:25発に乗りました。

今日の診察は予約ではないので11時までに入れば順番に診てもらえますが、私の主治医の診察は常に混んでいて9時に受付をしても2時間は待ちます。

だから、最寄り駅での15分のロスは痛かったのですが、どうしようもありません。

次からはこういう不足の事態を考慮してもっと余裕を持ってスケジュールを組もうと思います。
【2009/08/24 09:01 】 | 電動車椅子 | コメント(0) | トラックバック(0) |
幸せ探検隊
小さな幸せ探検隊に入隊しました。

嬉しかったことや頑張ったと思えたことを書いていきます。



今日の嬉しかったこと。

最寄り駅に着いて電車から降りたら、
駅員さんが笑顔で
「お帰りなさい」
と迎えてくれた。
【2009/08/23 23:53 】 | 幸せ探検隊 | コメント(2) | トラックバック(0) |
インタビュー
しばらくぶりの更新です。
突然ですがここからはインタビュー形式でお送りします。


―10日間ほどブログを休まれていましたが、何か事情があったのでしょうか?

いえ。寝込むほど具合が悪かった訳でも、ネタが無かった訳でもないんです。
何となく、仕事から帰ってもPCを開かなくて、携帯からも書く気力が無かったんです。



―なぜ気力がなくなったんでしょうか?

んん~。なんでしょう。
ひとつは失恋でしょうね。別々の道を歩みたい。と伝えて、それまで抱えていた悩みは解消されたけど…


―けど?

いざ、独りになると不安になるんです。
この先恋をすることはあるんだろうか…
このままずっと独りなのかも・・・
もし、私は誰かを好きになったとしても、
私を好きになってくれる人なんていないんじゃないか…
車椅子を使っていることで内面を見てもらう前に避けられてしまうんじゃないか…
そんな不安が次から次へと湧いてくるのです。


―失恋したら誰もが感じる不安だし、車椅子だからってそんなにネガティブにならなくてもいいと思いますが。

そうなんですよね。
頭では分かっているんです。
そして、自分の自信の無さを車椅子のせいにしていることにも気付きました。

もし自分が好きになった人が車椅子だったとしても、その人自身に魅力を感じていれば、私は気にしないと思います。
その逆を言えば、私がもっと自分を磨いて成長できれば車椅子を使っていることに対して周りも自分も気にならなくなるんじゃないかな。
その為にちょっとずつ焦らず自分に課せられた課題と向き合っていきます。



―では、話題を変えまして。昨日からコブクロのコンサートツアーが始まりましたね。

そうです!時計をチラチラ見ながら、今ごろ開場したなぁ、ああ開演の時間だぁ、
と福岡(初日は福岡です)を想いソワソワ&ワクワクしてました。
ツアー日程の発表から初日まで、まだまだ先だと思っていたけど、あっという間でしたね。



―ayaさんはどの会場に参加するんですか?

大阪城ホール2日目(9/16)
さいたまスーパーアリーナ1日目(9/26)
横浜アリーナ2日目(11/18)
日本武道館1日目(11/27)
です。


―4公演も行くんですね。しかも大阪まで。

はい。去年から『コブクロ貯金』なるものをしてチケット代と遠征費を貯めてきました。

大阪はコブクロと黒田くん(大きい方)の地元なので1回は行ってみたくて。それと兵庫の友達と一緒にライブを観るのが夢だったので実現まであと少しです。

小渕くん(小さい方)の地元、宮崎にも行きたいのですが、遠いしなんせ市民会館だから応募数に比べてチケッ数が少なく、とんでもない倍率なので断念しました。



―待ち遠しいですね。

はい!!
コンサート当日はもちろんですが、
チケットが取れてからコンサートまでの待っている時間がとても好きです。
先に楽しい事があると頑張れます。



―ところで、コンサートは指定席で観るのですか?それとも車椅子席ですか?

とんでもなく体調が優れない時を除いて、基本は指定席で観ます。
車椅子スペースだと座ってステージが観れるけど、他のお客さんとは少し離れた所に設置されているので、臨場感や一体感が少し遠くに感じて淋しいので、
コブクロコンサートではフル装備(装具靴+膝装具+手首装具)で指定席で立って観ます。
コブクロは途中1時間くらい座るし、帰りは帆風に乗っけてもらうので大丈夫です。



―では、コブクロコンサート楽しんできて下さいね。

はい!

最後になりましたが、長々と読んで下さったあなた、

そう、あなた。

だいぶ元気になりました。
心配してくれてありがとう。
【2009/08/23 21:38 】 | 日記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
闇夜の灯り
安っぽい励ましをせず、
話を聞いてくれる。

辛い話でも避けずに聞いてくれる。


取り越し苦労で、ご飯時の欲張りなおサルさんのように
心配事を両手いっぱいに抱えている私。

不必要な心配事を見つけると、

「これは手から離しても大丈夫だよ。」

と教えてくれる。

それでも、
心配だ、と言い張りなかなか手を離せない。

そうすると、

「そうだね。大丈夫。ゆっくりいこう。」

と待ってくれる。



自暴自棄になると、

「そんなこと言うな!」

と叱ってくれる。


私の心中を想い
涙を溢してくれる。



友達が分け与えてくれる優しさは、

闇夜を照らす灯りのように、

不安な足元を照らしてくれる。

恐くて立ちすくみそうになる私に歩き出す勇気をくれる。




ありがとう。
【2009/08/13 18:58 】 | 想う事 | コメント(6) | トラックバック(0) |
今日の出来事
7月から体調不良で仕事を休む事がなかった。

記録を更新したかったが、
昨夜からの膝と足首の痛みで今日は仕事を休んでしまった。

明後日のシフト休を今日に変更してもらったので、
タイムカード上は欠勤にはならない。

が、

悔しい。


台風の接近による気圧変動で関節痛がきつくなったんだと思う。

台風が日本から離れ出した午後から痛みは急に消えた。

仕事ができる状態まで回復したけど、
シフト休にしたので、今更出勤する訳にもいかない。

もどかしい。

こんな時は気分転換。

母のお友達がゴーヤを差し入れて下さったので、
豚肉とゴーヤの野菜炒めを作った。

調理をしている時は、立っている時間が長い。

足首に痛みがあっても、つい無理をしてしまう。

なので、今日は装具靴を履いて調理をしてみた。

おっ!?

かなり立っているけど、痛くない!!

痛みでイライラすることなく調理が出来た\(^o^)/

これからは、装具靴を履いてやろう♪


今日は、装具と仲良くなれました。
【2009/08/11 22:33 】 | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
装具、ごめんね。
同僚の送別会での事。

私はサラダを7人に取り分けた。

取り分け用のスプーンとフォークが予想外に重たくて、3人目を取り分けている辺りから右肘と手首が痛くなってきた。

でも、楽しい食事の場で、「痛い。」とは言えず、

やり出したことを途中で投げ出すのは嫌で、

まさか料理の取り分けぐらいで関節を痛めるとは信じてもらえないだろう。と諦めの気持ちが上乗せして、

痛みを堪えながら7人分を取り分けた。


その後の料理はそれとなく周りの人に取り分けてもらった。


5時間経過したが、痛みは未だ引かない。



手首に装具を着けていなかった。

食事中も装具を着けた方がいいのは知ってる。

でも、おしゃれなお店だったから外してしまった。




自業自得。


分かってる。


分かってるけど、まだ装具と完全に仲良しにはなれない。


私の為に一生懸命働いてくれるのに、

受け入れたり、
拒絶したり。



装具。

ごめんね。

頑張るから、もうちょい待ってて。

【2009/08/11 00:40 】 | 装具 | コメント(3) | トラックバック(0) |
ぶらり途中下車の旅、断念。
車椅子で電車に乗るときは、乗車駅で下車駅を伝えて、それに合わせて様々な手配がされるので、
電車が動き出してしまうと下車駅の変更は出来ない。
それどころか、乗車した車両と扉の位置を下車駅に連絡してあるので乗車場所の変更も出来ない。



歩いていた頃は、目的地からの帰りに寄り道したい駅や街があっても、
足の痛みで歩き続けることが出来ないから、
指をくわえて通り過ぎることがほとんどだった。

好奇心が勝って下車しても、激痛に耐えながらの歩行で、
ボッコボコにされたボクサーのようにぐったりして、大抵は翌日ノックダウン。。。

車椅子になれば行きたいところに行ける!と
思っていたが、

ぶらり途中下車の旅は出来ないことを、使うようになって知った。


でも、ぶらりしたかった場所を次回の目的地にすればいいだけの話なんだけどね。
【2009/08/08 16:49 】 | 電動車椅子 | コメント(1) | トラックバック(0) |
ちょっとした幸せ
脳梗塞で倒れた父が退院後在宅になり、日常生活が全介助になってから、
母と二人でどこかに出掛けたことがほとんどない。

先日、母の(殆ど使っていない)携帯電話が故障してしまい、
母一人ではショップに行ってもちんぷんかんぷんなので、
土曜日の午後に一緒に行く事になった。

13時から父の訪問入浴があるので、それが終わったら父にはベッドに戻ってもらい、
二人で駅前の携帯ショップまでお出かけです。

遠出する訳でもなく、
ショッピングに行く訳でもないけど、


母と出掛ける。

その事が、今の我が家には貴重な時間なのです。

そして、私にはその事がとても幸せに感じるのです。

さあ、身支度始めよっかな♪

【2009/08/08 13:53 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
福風音を探せ!!
この写真のどこかにボクがいるよ。
分かるかな?

20090808113706.jpg








わかった?




わかったよね。

ボクはここだよ。

20090808113722.jpg










脱出開始!!!

20090808113720.jpg

スポッ。
顔が出たぞ!!

う~~~ん。まだ穴が小さいなぁ。
もうもう少し穴をおっきくしよう。






かじかじかじかじ・・・・
20090808113724.jpg

もうそろそろ大丈夫かな?



えいっ!
20090808113718.jpg

う=====ん。手が出ないよ~~。



じゃあちょっとお手伝いね。
踏ん張りやすいように箱を立てるよ。

20090808113716.jpg

ありがとう。
もうちょいかじっとこうかな。







よ~~し。
今度こそ出るぞ~~~~!!

えいやーーーーーーーーー!!!!!!!

20090808113713.jpg
むううううううううううっっん





すっぽん


20090808113711.jpg

ふう。
やっと出れたよ。

こんな小さい穴から出れるんだから、僕はおデブじゃないよ!!


【2009/08/08 12:02 】 | 福風音(ふくね)日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
本当のこと。
今日は職場の夏祭りでした。

今年のお祭りには、あることを決めて参加しました。

それは、車椅子に乗って参加すること。

そんな決意が必要な事ではないでしょ。
と思われるかもしれませんが、
まあ、聞いてください。

私は通勤で車椅子を使っていますが、
職場では歩いています。

そして、私はお客様と接する仕事をしています。

受け入れてくれる病院が見つかり、下肢装具を作っている最中に、右足首の靭帯損傷をしてギプスになりました。

外見上病気だと分からないので、お客様方は単に怪我をしたと思い、
励ましの言葉をたくさんかけてくださいました。

「若いからすぐ治るわよ。」
「早く治るといいね。」




ギプスが取れた頃に下肢の装具が出来上がりました。
靭帯損傷とは関係なく、エーラスが故に着けている装具も、お客様から見れば、だいぶ回復して装具になったように見えるようです。

「装具になって良かったね。」
「私も怪我して装具つけたことあるわよ。窮屈よね。でもちょっとの辛抱だから頑張ってね。」



治ってほしいけど治らない。と分かっているから

「治るわよ。」
はチクンと痛かった。


今後、ずっと装具のある生活になることが分かっているから

「ちょっとの辛抱」
は切なくなった。

でも、何より辛いのは、
本当のことが言えないこと。

怪我だと誤解されていることが辛いのではなく、

優しい気持ちで治るわよと言葉をかけてくださる皆さんの期待に応えられないことが辛いのです。

皆さんを騙しているようで心苦しい。

本当のことが言えず、
笑顔で「ご心配ありがとうございます。」と答える度に、罪悪感の滴が落ちる。
ごめんなさい…



夏祭りには、お客様も参加される。

車椅子の姿を見てもらえば、少しは本当のことが言えるかも知れない。



私が仕事を終えてお祭りに参加した時は、集中豪雨でみんな屋内に避難していました。

2階からエントランスを見ると、
顔馴染みのお客様があちこちにいらっしゃいました。

1ヶ月以上前から、車椅子で行く!と決めていたのに、直前になったら腰が引けてなかなか1階に降りられません。

でも、このまま逃げ続けては、何も解決しないんです。

勇気を振り絞って1階に降りました。

顔馴染みのお客様は、私の姿を見てとても驚いた表情をされていました。

何人かの方に
「病気なので長時間歩けないから、通勤には車椅子を使っているんですよ。」
と話すことが出来ました。


自己満足ですが、
本当のことを話せた事で、背中の荷物が少し軽くなった気がします。





最後に、
どしゃ降りの中、びしょ濡れになりながら一生懸命働かれていたスタッフの皆様。
お疲れ様でした。

風邪引きませんように。
【2009/08/07 22:41 】 | 想う事 | コメント(2) | トラックバック(0) |
タイミングの妙
今日はいつもと違う行動のお陰で、功をそうす事が重なった。


仕事中。
書類の束をコピーしていて、途中で同僚にコピー機を譲ったので、待っている間、他の業務をしていた。

そうしたら、その業務で問題発覚。
しかも、今コピーしている書類にも関係していた。

その書類は明日ある機関に提出するもので、提出してしまうと訂正するのは厄介になる。

書類も訂正して、問題自体も解決できた。

コピー機待ちをしていなければ、来週やろうと思っていた仕事だった。

間に合った!


業務終了後。
いつもは控え室に戻ったら着替える前にトイレに行く。

でも今日は何となく先に着替えてからトイレに行った。

そうしたら、控え室を出てすぐに、
用件があったけどお互い忙しくてなかなか会えないスタッフさんとバッタリ会った。

業務中だと慌ただしい中だからゆっくり話せなかっただろうけど
ゆっくり話が出来た。




いつもと違う事をしてみるのもいいもんですな。
【2009/08/06 20:24 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
一言しか言えないけど。
ここ数日、皆さんからいただく優しさに救われています。



ありがとう。


【2009/08/04 22:46 】 | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
いらっしゃい♪
20090804210936
閉店15分前にお迎えに行けました。(ひとつ前の記事参照。)

しかも、今日の日のためにコツコツ貯めたポイントを使ったら、支払いは500円でした!

ウッシッシ♪

早く聴きたいけど、
こんな疲れた状態で聴くのは勿体無くて今夜は聴かないかも。






やっぱり聴く!


特典DVDもかなり魅力だけど、こっちはお楽しみにしてゆっくり観ます。

ワクワク♪ワクワク♪×10
【2009/08/04 21:09 】 | コブクロ | コメント(0) | トラックバック(0) |
待っててね。CALLING
今、残業終えて職場を出ました。

これから、コブクロのニューアルバム『CALLING』をお迎えに行きます。

お迎えに行くCD屋さんの閉店は21時。

間に合いそう。

すぐに行くから待っててね~♪
【2009/08/04 20:22 】 | コブクロ | コメント(0) | トラックバック(0) |
あと12時間後には…
今日の仕事帰りに、
コブクロのニューアルバムを買って帰る。

待ちに待った瞬間まであと少し。

前回の5296ツアーで初披露された新曲たちとの新たな再会。

どんな成長を遂げたのだろう。

ワクワク♪ワクワク♪

でも、今日は残業(´Д`)
頑張って早く終えるぞ!!
【2009/08/04 08:03 】 | コブクロ | コメント(2) | トラックバック(0) |
知っているからできること
必要以上に関節が動きすぎてしまう。

が、それが当たり前になっているから、関節や筋肉に負荷がかかっていても気付かない。


これ以上反らしてはいけない。

重い物を持つ時に力を入れる所はここ。


具体的に教えてもらってから、日常生活の中でも気をつけるようになった。


体は弱いところがあれば、他のところが代償してくれる。

私が好きな仕事をしていられるのも体が人一倍頑張ってくれているから。

そんな体に私が出来ることは過剰な負担をかけないこと。


最初は落ち込んだけれども

自分の「普通ではない動作」を知って良かった。

知らなければ、改善することは出来ない。

前に進むときには痛みを伴う。

痛みを乗り越える度に、少しだけ強くなれる。


思うように動きたくても動けなくてもどかしくなる事もいっぱいあるけど、

痛みを乗り越えていきたい。

私を支えてくれている人達の応援が、痛みと向き合う力を与えてくれる。


辛いけど幸せです。
【2009/08/03 22:58 】 | 想う事 | コメント(0) | トラックバック(0) |
鏡の中の私
痛い。

関節が緩い、ずれる。

内出血する。

握力が弱い。

疲れやすい。


日常生活の様々な場面で、自分がエーラスダンロス症候群だと自覚する。




歩いて通勤していた時は、立っていても、座っていても、何もしていなくても常に関節が痛かった。

車椅子での通勤になってから、関節痛はだいぶ減った。



全く痛みがない時もある。

これから書くのは、その時の話。



ある日の仕事帰り。

毎日使うエレベーターに鏡が付いている。

肩から上の自分が写っていた。

車椅子は写っていない。


鏡に写る自分を見て、ふと思った。



この人、どこが悪いんだろう。。。



鏡の中の私は
痛みがなく、
外見上も病気らしいところが見当たらない。


鏡の中の自分が、現実の自分だったらいいのに。

鏡の中の私は、自由でなんでも出来るんだろうな。



鏡の中に入りたい。。。。。






エレベーターの扉が開いて、外に出ようとして自分が車椅子に乗っていることを思い出した。




病気を認めて、
症状を受け入れて、

何年もかけて少しずつ築いていった心の階段を一気に滑り落ちた気がした。


痛ければ良かった。
そうしたら、こんな勘違いしなくて済んだのに。


幻だと分かっているのに、
幻に縋りたかった。


自宅に帰り、
部屋でひとり泣いた。

泣いても泣いても、鏡に入りたい気持ちは消えない。



数日、現実逃避の日々が続いた。

その間、ずっと考えていた。

もし、これが物語だとしたら私はどんなエンディングを書くのだろう。


そして物語を完結させた。




鏡の中の自分。

それは、未来の自分。

正確に言えば、未来のエーラスダンロス症候群患者の姿。



希望を持っていない訳じゃないけど、
私が生きている間に、この病気が治る病気になると現実的に思うことは難しい。



でも、いつかは、

きっといつかは、エーラスダンロス症候群は治る病気になる。

そう信じている。


その未来が訪れた時の患者の姿。

「昔は治らなかった病気だけど、今は治るんだよ。元気になったよ。」

と笑う、元エーラスダンロス症候群患者の姿。




その笑顔の為に私は頑張りたい。

治療方法を研究するのはお医者様の仕事。

でも、私にも出来ることがある。
患者にしか出来ないことがある。


未来の後輩達に、住みよい世界をプレゼントしたい。

病院で診療拒否されないように、
必要な医療を受けられるように、
学校で、会社で、社会で、誤解や偏見の雨に打たれないように、


自分に出来ることをしていきたい。

現状を変えていきたい。







今は、

鏡の中の自分が、自分を奮い立たせてくれている。



【2009/08/02 16:28 】 | 想う事 | コメント(3) | トラックバック(0) |
抱え込んできた気持ち
彼との今後を考えたいと思った理由は、辛いときに寄り添ってくれないだけではない。

彼は私に借りたお金をなかなか返してくれない。

会う度に「次ね。」と丸め込まれて半年以上返してくれないこともよくあった。
「早く返して。私の精神的、物理的負担も考えて」
と怒ると、

なぜ怒るのか分からないと言われる。

彼の言い分では
上司や友達には借りたお金をすぐ返すのは当たり前だけど、
彼女に借りた金なら返すのはいつでもいい。だって自分の彼女だから。


私には、悪い甘えとしか受け取れない。

さらに、私が彼にお金を借りると、速攻で返して!と言われる。

自分が借りたお金は凄くルーズなのに、
自分が貸したお金は凄く過敏。

なぜ自分が貸した時はすぐに返してと言うの?と聞くと、

「貸してるのが辛いから。」と言います。

あなたが貸したお金を返してもらえないのが辛いように、私も辛いの。

と言っても、相変わらず返してはくれませんでした。
私がコンサートや舞台のチケットを立て替えている場合がほとんどですが、
塵も積もれば、で結構な金額になったこともあります。

次払うから。と逃げ続ける彼を問い詰めると、
「払うのが惜しくなった。」と言いました。

その間も自分の為にはお金を使う人でした。

私が金の切れ目が縁の切れ目だよ。

と言うと、

何でお金ごときで別れなきゃいけないの?

と全く真剣に考えてもらえません。

私が遂に怒ると、
「分かりましたよ。きっちり耳を揃えてお返しすればよろしいのでしょ」と逆ギレします。

お金を貸した上
返してもらえず
更に逆ギレされる。

納得出来ません。



更に別の問題も。

彼から

「上司や友達には配慮が必要だけど、家族に配慮は必要ない。」

と言われました。

私は、
自分の身近な人ほど、配慮と気遣いが大事だ。

と言いましたが届きませんでした。


ブログに彼の良くないと思う事を書くことに抵抗もありますが、

長い間ひとりで抱えてきた気持ちをもう堪えることが出来ません。

何回も何回も訴えて私が怒ると「改める。」と謝るけれど、改善するのは一時的。
すぐに戻ってしまう。

6年間その繰り返しでした。

今回も彼は「改める。」と謝りましたが、信じられません。



彼といても、自分は幸せになれない。

これが、今の気持ちです。
【2009/08/01 00:50 】 | 日記 | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム |