2008年
2008年は新しいことにチャレンジした1年でした。


たくさんの出会いに恵まれた1年でした。
どれも奇跡のような出会い。

出会いが「種」であるなら
芽が出て今も枝葉を広げている。

どんな薬よりも人の優しさは痛みに効きます。
熱い日差しを木漏れ日にしてくれます。

ブログを始めた時は不安がいっぱいあったけど、
今は
ブログを始めて本当によかったと想っています。


私を見守り支えてくれている全ての方々へ。


神様はEDSという病気を持たせたけれど、
同時に、あなたとの出会い切符も持たせてくれました。

私の切符を受け取ってくれてありがとう。
私に切符をくれてありがとう。

病気が分かる前からも、分かってからも変わらずにいてくれてありがとう。

一緒に喜んでくれてありがとう。
一緒に泣いてくれてありがとう。

来年も
自分に出来ること、
自分にしか出来ないことを探していきたいです。



スポンサーサイト
【2008/12/31 16:41 】 | 日記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
自分、頑張ったな。と思った出来事。
今年も残すところあと僅か。
いろいろありました。

「自分頑張ったな」と思えることがありました。


2008年5月24日(土) ゆずのライブで大盛り上がり。

夜11時。
浴室で皮膚裂傷。
皮下脂肪まで傷が達していたので、自力での治療断念。

大量の出血の為止血が必要。

血溜まりにさすがの私もびびったがここで自分がパニックになると
母はもっとパニックになるので
いたって冷静に
「切ってしまって止血が必要なので、部屋の~~に置いてあるガーゼと~~に置いてある包帯を持ってきて下さい」と頼む。

現場を見た母仰天!!
そりゃそうだ。
娘が血だらけだもの。

「どーーーーすんの!!」
「大丈夫。病院行って縫ってもらうだけだから。」

圧迫止血をして着替えて
外科の当直医がいる夜間救急に電話。

「左の足首の皮膚が裂けて皮下組織に達しているので縫って下さい。」
看護師さん「あら~。(のんびり)」

「エーラスダンロス症候群という結合組織異常の病気を持っています。皮膚が裂けやすいですが縫ってもらえますか?」
看護師さん「えっ!ちょっとお待ちください。先生に代わります!!!」

「エーラスダンロス症候群です。裂傷で皮下組織まで達しています。縫ってもらえますか?」
医師「あの~、僕その病気を知らないんですけど。」

「知らないことは知っています。皮膚が脆いので深めに縫ってくだされば大丈夫です。」
医師「はあ、でも診れるか・・・」

「詳しいことはインターネットで検索すれば見れます。とにかく縫ってもらわないと困るんです!!
今から行きます!!いいですね!!」
医師「・・・はい。」


かなり失礼で強引だったが、こうでもしないと受け入れてくれない。

以前も裂傷で夜間救急に電話をして3病院から断られて、4つ目の病院は受け入れてくれたけど
縫ってくれなかった。
医療用接着剤でくっつけただけ。(EDSだって言っているのにありえない!!!)
翌日仕事中にあっという間に皮膚は裂けて仕事終了後に再度昨日と同じ病院に行き当直が外科医だったので縫ってもらえた。





タクシーを呼んでいる間に持ち物をかき集める。
保険証
お金
携帯
福祉タクシー券

病院についてからも待たされたり、またたらい回しにされてもいいようにお金とタクシー券は多めに持った。
ついでに待ち時間対策でi Podも鞄に詰め込んだ。

眉毛を書いて出発。
「ちょっくら行ってきます。先に休んでいてください」




前回の裂傷時と決定的に違う事。

ひとり。

以前は具合が悪くなるとほぼ父の運転で病院まで搬送してもらっていた。
でも、それはもう無理。
母も父の介護があるので自宅から離れられない。

夜中にひとりでタクシーに乗って病院へ行くのは心細かった。
さらに、10日前に右足首靭帯損傷でギプスを巻いている。

止血のため左足に重心をかけたくないけど、
右足に重心がかけられない。

どう歩いたのか覚えていないが、なんとか病院着。

1~2時間待つ覚悟でいたら、20分くらいであっさり呼ばれた。

右足ギプス。
左足包帯ぐるぐる巻き。

医師「どっちですか?」

そりゃ聞くわな。

「左です。」

縫合してくれることになった。
局所麻酔は痛かったけど、たらい回しにされずに済んだ安心感でうつ伏せで処置を受けている間寝てしまった。




12時半帰宅。
母は寝ずに起きていてくれた。



今まで親に頼りっぱなしでそれが当たり前になっていたがひとりで動かざるを得ない状況になり
親に感謝した。

そして、ひとりでやりきった自分を褒めた。






その後、緊急時に縫合してくれるかかりつけ外科医を見つけたので今後は大丈夫です。
ってか、縫合にならないように気をつけます。
(今年の大反省事項)


ちなみに
5月25日(日) ゆずのライブで大盛り上がり。





【2008/12/31 16:16 】 | 病気 | コメント(2) | トラックバック(0) |
想いのリレー
おっきな荷物が届いた。

友達からだ。

何だろう?


ベリベリ。

ん?

額?

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

馬場俊英さんが単独初大阪城ホールライブの際に会場で配った
「闘う君に追い風が吹くように  馬場俊英からの手紙」
が額装されていた。
20081230235515.jpg


贈ってくれた友達の優しさに想いに嬉し涙が止まらなかった。

馬場さんがこの手紙をライブで朗読した時
私は溢れる涙を止めることが出来なかった。
会場のあちこちでも鼻をすする音がしていた。

みんなが自分宛の手紙として聴いていた。
初日のライブでは、馬場さんも声を詰まらせながら朗読していた。
誰もが見えないところで闘っているんだ。

何度この手紙を読み返しただろう。
この手紙は張りつめている気持ちをふっと緩めてくれる。

暖かく包み込んで、再び向き合う勇気をくれる。

同病の友達が入院してしまい辛い治療を受けている。
昨夜友達に馬場さんからのこの手紙をメールで送った。

友達はとても感激して喜んでくれた。

そしたら、今日
私に馬場さんからの手紙が届いた。


どうやら、この手紙はリレーのように想いを伝えていく力を持っているようです。

宝物にします。
【2008/12/31 00:20 】 | 馬場俊英 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ビーズ手芸に挑戦!
簡単そうだったのでビーズ手芸キットをひとつ買ってみた。

作り方の図を見て絶句。
20081230235518.jpg


な、、、何だこれは?
銀河系か?
出来るわけない!
絶対に無理!!






本当に無理?
やってもないのに?
無駄になってお金もったいないよ~。






あぁ、もう!
分かったよ!
やってみるよ!


休憩挟んで格闘2時間

何とかカタチになってきた。



更に1時間。


やったーーーーー
完成
20081230235521.jpg

多少いびつだが、初めてにしてはまあまあなんじゃない?

説明書の解読が大変だったけど楽しかった。

ちなみに「ネズミ」です。

見えるかなぁ?


【2008/12/31 00:03 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
緒方 拳さんの言葉
緒方 拳さんが世界各地の自然を旅する番組プラネットアースを観た。

ご自分の病気を知りながら、そしてそれを誰にも言わず、

どんな気持ちで過ごされていたんだろう。

とても穏やかな顔をしている。

「大自然に身を置き自分の好きな道を歩み続けることで事で病は克服できる」

こう語っていたと、ご家族は振り返っているそうです。

もしかしたら緒方さんの言う「克服」とは、
病気が治る事ではなく

病気を受け入れる事なんじゃないか

と想った。

様々な経験をされて
大切に年齢を重ねてこられたからこそ
語れる言葉。

私も緒方さんのように穏やかで優しい笑顔と
どんな波にも揺るがない強さを身に付けたい。
【2008/12/29 11:32 】 | 想う事 | コメント(0) | トラックバック(0) |
悔しい。
彼と喧嘩した。

喧嘩したことが悔しいんじゃない。

彼の「じゃあ、(あなたは)好きなこと我慢できるの?」と言う言葉に


今まで溜め込んできたものを放り込むダムが決壊した。



我慢していないとでも思っているの?



コブクロのファンフェスタ。
アリーナ最後列のさらに後ろの身障者スペースで観た。

持っているチケットの席はアリーナのかなり前の方だった。


3時間位なら立っていられない訳ではない。
ただし、かなりの痛みと闘うことになるのは確実。

そして、見ず知らずの土地に一人でいる。
大阪のホテルまで戻らなければならない。
翌日の午前中の飛行機で東京に帰る。

ライブで全体力を使い切ってしまうとマジで行き倒れになる可能性がある。

一人で東京に戻って来れなくなってしまう可能性もある。

だから先を考えて、指定席は諦めた。




ファンフェスタに参加できないファンの方も大勢いる。
その方々に申し訳なくて、今まで誰にも言わなかった。



本音は



もっと近くで観たかった。

台の上にポツリ。
ではなく、前後左右のお客さんと共に盛り上がりたかった。

ウエーブしたかった。

♪ココロの羽♪で手を繋ぎたかった。




我慢した。



小さい出来事を含めれば毎日何らかを我慢している。

それが自分に与えられた人生だと思っている。

でも、

でも、


全てを納得して釈迦のように生きている訳ではない。


悔しい!!
と想う時だってある。



葛藤の後、

納得して下流に流れていくものもあれば、
納得できないまま「我慢ダム」に溜まっていくものもある。


辛い顔して周りを苦しめたくないから、

自分自身もできるだけ笑っていたいから、


あまりダムに溜まっている事を言葉にしないようにしている。

時間が分解して下流に流してくれるのを待っている。


時間が解決するのを待っているのは辛い。
だから、ほんの時々
弱くなります。

【2008/12/28 20:12 】 | 想う事 | コメント(2) | トラックバック(0) |
冬の特典
20081228172217
コートと帽子があれば、

ヨレヨレのジャージ
ノーメイク

でも近場なら外出できちゃう。

唯一冬の好きなところ。
【2008/12/28 17:22 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
私もワクワクo(^o^)o
今日は友達がコブクロが出演するイベントに参加している。

漫画(リアル)とのコラボイベントで一般応募には外れたけどTeam(ファンサイト)応募で見事当選!

ちなみに私は両方落選。

彼女はまだコブクロライブに行ったことがなく、DVDを日々すり切れるほど観てずっとコブクロに会いたがっていた。

だから、「当選したっ!!」と一報をもらった時はめちゃくちゃ嬉しかった。

一報が入った日の夜にコブクロ宛に手紙を書いた。
正確に言えばWordで打ち出した。(これが後で大変な事になるとは…)
ここ数日手指関節の痛みが強く長時間ペンが持てない。
せめてもと

小渕 健太郎様
黒田 俊介様

と自分の名前だけは自筆にした。

コブクロに出会い支えられてきたこと、

コブクロとの出会いが更なる出会いに繋がっていったこと。

出会えた感謝の気持ちを伝えたかった。

翌日職場で友達に渡す前、再度文章をチェック。

そこで、重大なミス発見!!!

手紙の中で一ヶ所だけ「小渕さん」が「小淵さん」になってる(゜□゜)!!

家のパソコンで入力したものなので出し直せない。

名前が間違っているなんて一番の失礼。

しかも、おそらく過去幾度となく間違われてきたであろう漢字間違い。

全文手書きならまだ直しようがあるが、全文ワープロ字なのにそこだけ手書きじゃ、間違ったのバレバレ

絶体絶命!

今日友達は私の手紙を持って出掛けました。

さて、
どうやってこのピンチを切り抜けたかと言うと、

実に原始的です。
①同じ字体、同じフォントの「小渕」を入力→印刷。
②「小渕」を切り取り、誤字の上に糊張り。

③コピー。

④明らかに張った跡もコピーされているので、跡を修正液で消す。

⑤再度コピー。

ってな訳で修正完了。

友達はわざわざ三浦さん(マネージャーさん)を探してくれた。

ガラス扉の向こうに三浦さんを見つけたが近寄れないので友達曰くイケメンのスタッフさんに「友達から預かった手紙なんです。絶対に渡してください!!」と念を押して渡してくれた。

スタッフさん「わかりました。」と受け取ってくれたそうです。
(逐一メールで報告してくれました。)

そして、たった今興奮冷めやらぬ友達から電話。

「もう、もうぅぅ凄いの!手が届きそうに近かったし全員と握手してくれたの~(泣)もうぅぅ、もうっ!凄いったらないよ(泣)!握手してくれるんなら手紙直に渡せば良かった~!ごめんよ。」

ありがとう。
大丈夫よ。
ちゃんと二人の元に届いてるから。

会えて良かったね。

因みに一児(高校生)の母でもある友達は黒ちゃんに「野菜もちゃんと食べなさいね」と言ったんだとか。

母は強し。。。

黒ちゃん苦笑いしてたって。
【2008/12/28 17:16 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ダブルパンチ
体を起こしているのが辛い。

ここまでしんどい日が最近なかったから余計キツい。
どこかが痛くて庇うと他のところに負荷がかかり痛くなる。
そしてそこを庇うとまた他のところに負荷がかかり痛みが波及していく。

足首、膝、股関節、腰、松葉杖をついている左肩、肘、手首。

同時に痛い。

ついでに

薬剤性の胃炎でかなり気持ち悪い。

パソコン作業をすると船に乗っているようで気持ち悪さパワーアップ!

夜になって気持ち悪さはだいぶ治まった。

明日から請求業務が始まる。
あと2日、休まずに出勤したい。
【2008/12/25 20:40 】 | 病気 | コメント(2) | トラックバック(0) |
重なる時は重なるもので・・・
コブクロオフィシャルブック
20081224222010.jpg

コブクロファンフェスタDVD
20081224222007.jpg

CUE DREAM JAM-BOREE2008 
(大泉洋さん所属事務所総出のお祭りイベント)
20081224222005.jpg

なんで発売日がほぼ一緒なの!!

それもこの忙しい年末に!!

どれも落ち着いてガッツリぶっ通しで観たいから、仕事納めまでお預けです。

あっ、ブックのCDは聞いちゃいました。
ゆる~~~いトーク満開でした。こういうの大好き

コブクロDVDダブルキャンペーンも観ちゃいました。
コビィはしゃぎすぎ!!
黒ちゃん宇宙飛行士になりたかったんだ。



おおっとおおお

このまま誘惑に負けては本編のディスクに手が伸びてしまう。

耐えろ!!私。



年賀状書いてから観なさい!!私。


はい
【2008/12/24 22:37 】 | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
有馬記念!!さすがCLUB KEIBA会長(たぶん)
昨日駅のホームにやたら派手な電車が到着。

あらッ

洋ちゃんじゃない

あら~、随分とオシャレしちゃって
20081224222014.jpg
20081224222012.jpg





東京でドラマや映画に活躍している洋ちゃんも応援しているけど、

やっぱり、北海道でヒゲに騙されてやさぐれてる洋ちゃんや
全身タイツでハナタレンジャーやってる方が落ち着いて見ていられる。

洋ちゃんやナックスの他のメンバーに関しては、

観ている。

じゃなく

見ている。

母の気持ちに近いものがある。

だから、
ドラマのキスシーンでも

ゆずの北川悠仁さんだと
「きゃ――!イャああああ!(泣)」

だが

洋ちゃんだと
「あんた何しとるんじゃい!?女優さんに謝り!」

となる。



「ドラマで女優さんとキスシーン。」




設定は同じなのにここまで反応が違う。
【2008/12/24 22:26 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
1万人のピース
今日は馬場俊英さんの初大阪城ホールライブ!!
1万人の

馬場さんは1996年にデビュー。
ヒット作に恵まれず2000年にレコード会社との契約終了。
2001年自主レーベルを立ち上げ、自らレコード店を回り地道に活動を続ける。
歌える場所があればどんな所でも歌ったそうです。
恐らく余興なんだろうが、宴会場でざわざわしている中ギター1本を持ち歌っている馬場さんの姿を映像で見た時、胸が締め付けられた。
諦めずに歌い続け、徐々に彼の歌が人々に届き始める。

馬場さんの歌に「ボーイズ・オン・ザ・ラン」という歌がある

歌詞にこんな一節がある。

一体誰があの日オレに一発逆転を想像しただろう?
でもオレは次の球をいつだって本気で狙ってる
いつかダイアモンドをグルグル回りホームイン
そして大観衆にピース!ピース!ピース!ピース!ピース!ピース!
そしてさらにポーズ!


馬場さんは「野音でピース!」を目標に活動を続ける。
2005年レコード会社と契約。メジャー復帰。
2007年4月大阪野音で単独ライブ。3000人のピース!
この年の紅白歌合戦に出場。
2008年5月日比谷野音で単独ライブ。3000人のピース!

そして今日、大阪城ホール初単独ライブ。
チケットは完売。
1万人のピース!

どんなに苦しくても、辛くても歌い続けて、目標や夢を現実に変えていく馬場さんに勇気づけられます。

人生のどん底を体験した人でなければ書けない歌詞。
元気がない人、落ち込んでいる人の傍に寄り添い再び立ち上がる力を引き出してくれる歌詞。
素朴で耳にすーっと馴染んでくるメロディ。

だから、馬場さんの歌が私は好きです。

今日は友達がライブに参加していてそれぞれメールで報告してくれました。
センターステージが設置されていて、お客さんの近くで歌いたい馬場さんの想いが感じられました。
アンコールでコブクロが登場したんだそうです。
彼ららしい

恐らく観に行っているんだろうとは思っていたが飛び入りとはお客さんも盛り上がっただろうな。

敬さん、ゆのちゃんレポートありがとう!!
20081223234341.jpg


【2008/12/23 23:15 】 | ライブ | コメント(6) | トラックバック(0) |
完治
先日皮膚炎になり病院に行ってきた。

そこでのドクターの言葉。「症状が消えても完治するまで薬は続けて下さい。」
完治という言葉、新鮮だった。

治らない事を受け入れながら現実と気持ちに折り合いをつけてきたから
「完治しない。」が基準になっている。

治る病気ってやっぱりいいな。
【2008/12/23 12:07 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ぴくぴく君
筋痙攣のことをぴくぴく君と呼ぶことにしました。

久しぶりにぴくぴく君やってきました。
今日は右の二の腕ではじけてます。

痛くないし、日常生活にも支障がないけれど、なんか気持ち悪い。

なるべく早く帰ってね~。
【2008/12/22 19:23 】 | 病気 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ひばり好きモルモット
モルモットのそのん話。

彼には主に寝室としての自宅(私の部屋のゲージ)と日中過ごす別荘(リビングにある彼専用こたつ)があった。

別荘の向かいにテレビがあり、時々見ていた。

でもすぐに視線をそらしてお食事に夢中になる。

寝ることと食べることが楽しみの彼にはテレビはあまり興味の対象にはならなかった。

しかし、ある映像が流れる時だけは食べるのをやめて耳を起こして画面に釘付けになっていた。

それは、

美空ひばりさんの歌が流れている時。

誰に言ってもバカ親の戯言と言われるけど本当なんです!!

彼が私の部屋にいる間 ゆずやコブクロをたくさん聞いているのに一切反応なし。

けれど、たま~に聴く美空ひばりは反応あり。

ちゃんと聴いている。

普段は寝ているところを起こすと不機嫌になるのに、「そん君!ひばりちゃん出てるよ!」とテレビの前に連れていく時は不機嫌にならない。

そん君。
天国でひばりちゃんに会えましたか?
好きな歌を歌ってもらってますか?
【2008/12/22 18:39 】 | ペット | コメント(0) | トラックバック(0) |
今日は冬至の日
ゆずの冬至ライブ。
今年の会場は横浜スタジアムと発表。

去年と同じ。

去年の事を思い出すなぁ。
ヒントから関東圏内(十中八九横浜)だろうと予想して各方面に移動可能な駅を集合場所にした。
友達と開催場所発表時間に集合して電話で場所が分かったと同時に移動開始。

関内駅に着くと既に横浜スタジアムに向かう人の流れが出来ている。

スタジアムに着くと長蛇の列。
みんなスタッフの方の指示に従って行儀よく並んでいる。

トラブルが起きると開催中止になってしまうし、翌年からの開催も出来なくなってしまうかもしれない。

ファンはそれを知っているのでお互い譲り合い協力する。

どんなに寒くても、荷物が重くてもこれからツアーとは違うゆずに逢える嬉しさでみんないい顔をしている。

表示をしないので、知らない人は「何があるんだ?」と不思議そうな顔で通り過ぎていく。

ちなみに冬至の日ライブは持ち物が多い。
私が持っていく物は

・レジャーシート
(芝生に座る可能性もあるため)
・座布団
(長時間座って待機とライブ鑑賞なので直座りだとお尻が悲鳴を上げます)
・レインコート
(雨天決行)
・ブランケット、帽子、カイロ
(とにかく一度座ったら動かないので寒い!)
・魔法瓶(ホットドリンク)
(冷えた体に効果抜群。トイレが近くならないようにちびちび飲みます)
・デジカメ、ボイスレコーダー
(冬至ライブだけは撮影、録音、録画の許可が下ります)
・軽食
(昼前から並んでライブが終わるのが15時過ぎなので待機中に食べられるようにパンやおにぎり中心)


横浜だろうと予想して地方から前乗りしてくるファンの方も大勢いる。
キャリーバックを引きながら列に並んでいる。


ステージはいたってシンプル。
悠仁が「冬至の日ライブ 開催日 ゆず」と書いた大きな白い布をバックに学校の校庭で校長先生が話をするくらいの高さの台と照明のみ。
20081217220648.jpg
マイクオンだけど楽器はアンプラグド(電気楽器なし)


セットリストも特別で普段ツアーではなかなか歌う機会のない歌も歌ってくれる。
コブクロのファンフェスタと似ているかも。

悠仁も岩ちゃんもリラックスした表情で楽しそうに歌っている。

寒いけど、どこよりもあったかいライブ。









あと15分で始まるんだ~。
今年は気温が高いし雨も夜までもってくれそうだから待っている間も少し楽だろう。
ゆずも、お客さんも楽しんでね!!


私はと言うと、今朝強い関節痛に見舞われ仕事を休んでしまった。
冬至ライブに行くつもりで休みを取っていたとしても結局行けなかっただろう。


冬至ライブに行きたかったとブログに書いたら、去年一緒に行った友達が
「車椅子が出来たら来年は一緒に行こうね」と言ってくれた。
ありがとう。
その気持ちだけでとっても救われたよ。

【2008/12/22 13:47 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
あっ、また忘れた。。。。
私のブログには料理の写真が殆ど無い。

載せないポリシーがある訳でも載せたくない訳でもない。

じゃあ、なんで無いかって言うと、、、、、、



写真撮る前に食っちゃうから。。。

気付いた時には半分以上喪失状態



昨日も友達とイタリアンレストランに入り、せっかく「クリスマス特別ディナー」を注文して、
写真撮るのを忘れないように携帯をテーブルの上に乗せて置いたのに

気付いたのはデザートを待っている時

せめてデザートだけでも。とパシャリ
20081221220755.jpg





唯一奇跡的に食前の撮影に成功下のが、こちら。

友達が振舞ってくれた。イさん、Upするのがおそくなってゴメンネ


20081207203715.jpg
生地から手作りドーナツ

20081207203719.jpg
これまた生地から手作りピザ

20081207203717.jpg
かぼちゃスープ(豆腐入り!)

20081207203721.jpg
太陽サラダ


美味しかったよ~~~


【2008/12/21 22:29 】 | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
りゅ、、、流行するの!?
昨日、渋谷のある有名ブランド店のショーウインドウに気になるマネキンを発見。
20081221220753.jpg

上半身は熱帯魚みたいでお美しいですね




あのー、足寒くないですか?
お着替えの途中、ではないんですね。
この格好で人前に出るんですか?
もしや水泳大会後、着替える時間が無いままパーティに出席されるんですか?








流行るんでしょうか。。。。



【2008/12/21 22:12 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
福風音先生
福風音先生の創作意欲は尽きることがないようです。
20081221212946.jpg


今夜もたっぷりの二度寝後、充電満タンで作業に没頭されています。
20081221212948.jpg


今度の作品はどんなものに仕上がるか楽しみです。

しかし、先生。
二度寝のお時間をもう少し短めにしていただくと創作時間も十分に確保できますし、わたくしも助かりますのでご検討下さい
【2008/12/21 21:51 】 | 福風音(ふくね)日記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
Ziplocおでん
ある日の友達のお弁当。
20081221212943.jpg


はんぺんに「Ziploc」文字が

びっちり入れてきたので蓋の跡がついちゃったのね
【2008/12/21 21:31 】 | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
痛恨の別れ
試乗車椅子君。

君と別れてから関節痛とよりを戻したよ。

今夜もぴったりくっついている。

My車椅子君が来てくれたら関節痛が遠ざかってくれるだろう。

「判定」を受けないと補助金を使って車椅子が作れない。
ちょっと足せば軽自動車が買えてしまう。全額自腹は到底無理!
皆さんの税金を使わせていただきます。

早速予約を取った。

来年の1月7日。

判定で許可が下りると作製開始になる。

車椅子はOX社、駆動はYAMAHAに決めた。

オーダーメイドの為普通に作製しても3~4週間はかかる。
私の場合、改造が必要だからさらに期間が必要だろう。

勝手な予想では作製期間2ヶ月。

来年の春から新しい生活スタイルでの暮らしが本格的に始まる。

苦しい冬は今年が最後になってほしい。
【2008/12/19 00:48 】 | 電動車椅子 | コメント(4) | トラックバック(0) |
痛みと共に
やっぱり悔しい。
冬至ライブ行きたい。
物理的に行けない場所なら諦めがつくけど、ヒント「ヨコハマ」が横浜なら射程範囲。

一年にたった一回の特別なライブ。

路上の頃は知らないけれど、きっとその時と同じ風が吹いている大切なライブ。

出来なくなったことを認めるのはとても痛い。

目からたくさん雨が降る。
どこにぶつけたらいいのかわからない憤り。

逃げたくなる自分に必死にしがみつき、逃げちゃダメ!向き合って!と通せんぼをする自分。

装具を作るときも同じ様に葛藤の森を歩いた。

ドクターも装具士さんも訓練士さんも私のような症例は初めて。
試行錯誤、失敗を繰り返しながら作っている。

少しでも失ったものを取り戻せるために、失った代わりになるために一生懸命だ。

皆さんの熱意に励まされて一緒に道を作っている。

私と似た症状を持った患者さんが受診したらしい。

その方も装具を作るかもしれない。

私達の切り拓いた道に続く人がいる。

こんなに嬉しい事はない。頑張った甲斐がある。

病気の認知度向上や難病指定に向けて微力ながら発信をしている。

勿論自分の為ではあるけれど、全国で闘っている仲間のために、
そして次やその次の世代の後輩たちが、
私が流したような涙を流さなくて済むような未来を作るために。

何かを失う度に雨が降るが、
この雨が未来で虹の粒子になると信じたい。

【2008/12/18 01:20 】 | 想う事 | コメント(5) | トラックバック(0) |
ゆず  冬至の日ライブ
ゆずの「冬至の日ライブ」
今年のヒントが発表された。

ヨコハマ

まんまじゃん。

ヨコハマのどこだろう?

私が行ったのは、

臨港パーク(2002年)
赤レンガ倉庫(2006年)
横浜スタジアム(2007年)

2007年横浜スタジアムでの写真↓
20081217220648.jpg



当日電話で開催場所を聞いて駆けつけるのがワクワクしてとっても楽しかった。
ゆずに会える!!
この喜びが痛い身体を動かせてくれた。


冬至の日ライブは寒空の中数時間立ったまま並んで、ライブ中も身動きできない。
去年は頑張って行けたけど
今年は体がもたない。
無理を押して行くことも出来るけど、きっと1週間は寝込むだろう。
今の身体では取り返しがつかないほど関節を傷つけるかもしれない。。。

想いだけではどうにもならないことがあるようです。
たった1年でこんなに出来ることが減るとは・・・

行きたいけど、行けない


あぁ~~あ、行きたかったな~~。

行ける人は楽しんで来て下さいね



悠仁は毎年冬至ライブで薄着になって風邪引くから気をつけてね

【2008/12/17 22:07 】 | ライブ | コメント(0) | トラックバック(0) |
ミラクル8連発
昨日の馬場さんライブ♪

忘れられない素敵なミラクルをもらいました。
そして、それに繋がる幾つものミラクルの連鎖がありました。


ミラクル①
電動車椅子の試乗期間が12/8から12/17までだった。


ミラクル②
車椅子客は係員の誘導で入場したが、彼が合流していなかったので先に車椅子の方2名が案内されていった。


ミラクル③
彼と合流して入場したら下手側が先に入場した車椅子の方で満席になったので上手側のスペースを案内してもらった。


ミラクル④
車椅子スペースと言えば大抵1階の最後列の一段高い台の上だが、今回は最前列の横。


ミラクル⑤
私より後に車椅子の方がいらっしゃらなかったので上手スペースをお客さんやステージに合わせて車椅子で移動できた。


ミラクル⑥
上手最前列の端席が空席だったので(もったいない!)ステージがより観やすかった。


ミラクル⑦
とても好きな場面で馬場さんは上手側に来る。(ネタバレになるので具体的表現は避けます。)
間近で聴けて嬉しかった。


ミラクル⑧

アンコール終了後馬場さんがステージの端から端まで挨拶をしていた。
上手側に来たとき精一杯腕を伸ばして手を振った。
オールスタンディングなので馬場さんの視界に入らない。
それでもいいから感謝の想いで手を振り続けた。

ステージ中央に戻ろうと体の向きを変えようとした時に馬場さん気付いてくれたんです!
そしてステージのギリギリまで寄って腰をかがめて私に手を振ってくれました。
精一杯腕を伸ばしてくれました。
私はびっくりして気の利いた言葉のひとつも出ませんでしたが、
馬場さんは頷きながら飛びきりの笑顔をくれました。



幾つものミラクルのお陰で、とっても特別で、とっても大切な思い出が出来ました。

【2008/12/17 19:29 】 | 馬場俊英 | コメント(2) | トラックバック(0) |
超ラッキー
車椅子席に誘導してもらったら
なんと上手の最前列!

ひぃいいいい!♪
【2008/12/16 18:27 】 | 馬場俊英 | コメント(0) | トラックバック(0) |
到着
20081216180418.jpg

渋谷CCレモンホールに着きました。

【2008/12/16 18:04 】 | 馬場俊英 | コメント(0) | トラックバック(0) |
エレベーターなし
吉祥寺乗り換え井の頭線で渋谷へ。

吉祥寺駅は乗り降り客の多い駅なのにエレベーターがない!

エスカレーターを止めて降ろしてもらった。

井の頭線もエレベーターなし。

エスカレーターを止めて上げてもらった。

普段はエスカレーターを使う機会が多く、エレベーターはあまり使わないが、無いと利用者は時間のロスになるし、駅員さんも一仕事も二仕事もやることが多く大変。

エレベーター必須っす。
【2008/12/16 16:58 】 | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
実験中
今朝は痛みが強く明後日だったシフト休を今日に変更してもらった。

午前中はベッド安静。

昼食後ゆっくり湯船に浸かり筋肉を解した。

痛みも朝よりはましになり鎮痛剤も飲んで準備する。
今夜は馬場俊英さんのライブ。

場所は渋谷。

長時間乗った時の状態も知りたいから、電動車椅子で行くことにした。

渋谷はあまりの人の多さに目がクラクラして用事がある時以外行かない。

地元ではお見かけしない方々がたくさんいらっしゃるので身構えて警戒心120%。

気疲れでグッタリする街。
そんな街に電動車椅子に乗り出陣!

不安もあるけど、なんでも挑戦だあ!

いってきます!!
【2008/12/16 16:24 】 | ライブ | コメント(0) | トラックバック(0) |
タクシー運転手さんの反応の変化
私の在住市では障害者手帳3級以上から福祉タクシー券の給付を行っている。
(私は1種3級)
初乗り料金が無料になる。
20081214203513.jpg


バスがない時間帯の帰宅などで活用させてもらっている。

以前は運転手さんにタクシー券を渡すと決まって「どこが悪いの?」
と聞かれていたが

今は聞かれない。


聞かれなくなって面倒くさくなくなったが

聞かれなくなったってことは
どこが悪いのか分かるから。

複雑。。。。
【2008/12/14 20:37 】 | 病気 | コメント(5) | トラックバック(0) |
♪DESPERADO♪
10代後から毎日聴いていたラジオ番組があった。
『赤坂泰彦のミリオンナイツ』
DJ赤坂の豊富な音楽知識と話術、何より近所の兄ちゃん的な親近感がすごく好きだった。
邦楽・洋楽を問わず演歌から童謡までノンジャンルで曲を流していた。
何年、何十年経っても色褪せない歌を沢山教えてもらった。
赤坂は曲のタイトルやミュージシャン名だけでなく、その曲が出来あがった経緯やどういうミュージシャンだったのかや洋楽なら歌詞の意味を教えてくれた。

沢山教えてもらった中で特に残っているのがEaglesのDESPERADO。
詳しくは覚えていないが、歌詞を和訳してくれて「落ち込んでいるデスペラードという友達に語りかけ元気出せよと励ましている歌」というような事を話していた。

赤坂が「今元気のないリスナーに贈る」と話してくれたことが嬉しかった。
いつでもリスナーと同じ目線で不特定多数ではなくラジオの向こうにいるひとりひとりに語りかけてくれる赤坂の言葉が届いた気がした。

番組は終了してしまったが、赤坂に教えてもらった数々の曲は今でも自分を豊かにしてくれる。
そして、ラジオやテレビで赤坂の声を聞くと、お隣からは引っ越してしまったけれど
可愛がってくれた近所の兄ちゃんと再会した気持ちになり「おー、赤坂元気だった?」と心の中で話しかけている。



Desperado, why don't you come to your senses?
You been out ridin' fences for so long now
Oh, you're a hard one
I know that you got your reasons
These things that are pleasin' you
Can hurt you somehow

中略

Don't your feet get cold in the winter time?
The sky won't snow and the sun won't shine
It's hard to tell the night time from the day
You're losin' all your highs and lows
Ain't it funny how the feeling goes away?

Desperado, why don't you come to your senses?
Come down from your fences, open the gate
It may be rainin', but there's a rainbow above you
You better let somebody love you, before it's too late

デスペラード。君は孤独を噛み締めている。もう十分だよ
いつまで棚の上に座っているんだい?
意固地になるなよ。そりゃ、色々あっただろうね
でも、それに浸っていると
余計に辛くなるだけじゃないのかい

中略

冬には足も冷えるだろう?
雪も降らず陽も射さない
昼なのか夜なのかもわからない
心動かぬ人になっちゃているよ
心が消えたって、おかしなことを言うんだね

デスペラード、これが最後かも知れない。目を覚まして
棚から降りて扉を開けるんだ
雨が降るだろうけど、上がれば虹が架かるから
素直に誰かの愛を受け入れようよ
手遅れにならないうちに


今年のコブクロファンフェスタの退場時の場内にこの曲が流れていた。
選曲したであろうコブクロの気持ちが嬉しかった。


【2008/12/14 15:41 】 | 支えてくれた歌 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ